死者はどこへいくのか: 死をめぐる人類五○○○年の歴史 (河出ブックス)

著者 : 大城道則
  • 河出書房新社 (2017年2月14日発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309625027

死者はどこへいくのか: 死をめぐる人類五○○○年の歴史 (河出ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 各分野の第一線にいる研究者たちによる、「死」をテーマにしたアンソロジー小論文集。

  • 文字通り、死者はどこへ行くと考えられてきたか。
    それを、キリスト教者、ギリシャ・ローマ研究者、エジプト研究者、イスラム研究者、そして日本の歴史資料等を元に、各分野の専門家が解説した書。
    史跡の成り立ちや、テロリストの考え方などを、推測する材料にはなるが、結局、死者はどこへ行くのかということは、死んでみないとわからないってことでしょうね。

全2件中 1 - 2件を表示

大城道則の作品

死者はどこへいくのか: 死をめぐる人類五○○○年の歴史 (河出ブックス)はこんな本です

死者はどこへいくのか: 死をめぐる人類五○○○年の歴史 (河出ブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする