一億三千万人のための『論語』教室 (河出新書)

著者 :
  • 河出書房新社
3.52
  • (4)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 374
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309631127

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「一億三千万人のための『論語』教室」高橋源一郎著 2500年前の講義、現代風に再現
    2020/3/7付
    日本経済新聞 朝刊
    中国の思想家、孔子の教えをまとめた「論語」は学校の授業で習うこともあり、日本人にもなじみ深い。40歳を不惑、50歳を知命と呼ぶのも「論語」に基づくものだ。もっとも、作家の高橋源一郎氏によれば「一筋縄ではいかない本」という。様々な解釈があるし、そもそも孔子が全部を語っていないからだ。


    そんな「タカハシさん」が現代語訳に取り組んだ『一億三千万人のための『論語』教室』が売れている。2019年10月末の刊行以来、発行部数は7刷6万部に達している。
    13年ごろ、高橋氏がほぼ20年「論語」の翻訳に取り組んできたことを知った担当編集者の尾形龍太郎氏は、まず季刊文芸誌「文芸」での連載を依頼。「『光文社古典新訳文庫』が話題になるなど、古典への関心が高まっていると感じていた」と尾形氏は振り返る。
    本にするに当たっては、18年に約60年ぶりに復活した「河出新書」という形を選んだ。「(古典を解説するという)内容が新書に合っている上に(四六判に比べれば)価格も抑えられる」と考えた。500ページ超とかなり大部になったのは「『この一冊で論語が分かる』ということを売りにしたかった」ためだ。
    孔子を「センセイ」と呼ぶなど、大胆な翻訳も人気の理由という。孔子が政治家の子産を「君子の道、四あり」などと評した一節。「政治家が持つべき四つのモラルをちゃんと持っています」と評価し、それを「威張らない」「気をゆるめない」「人びとにとってなにが一番大切かを第一に考えた」「人びとを使うにあたって、決して無理はさせなかった」と訳す。さらに「(さすが、センセイ! いいこというじゃん)」と感想を加える。
    2500年前の講義風景を現代社会に合わせてよみがえらせた点が、読み手の心をつかんでいるようだ。
    (編集委員 中野稔)

    (河出新書・1200円)
    ▼訓読部分は著者が最も参考にしたという宮崎市定『現代語訳 論語』(岩波現代文庫)が底本。

  • 改めて、示唆が多い。
    社会・政治は、紀元前500年も現在と同じ困難さを抱えていた様子がうかがえる。

  • 高橋源一郎が論語を翻訳した一冊。翻訳とはいっても直訳ではなく、現代風に、というか現代に生きている我々日本人にもわかりやすいように意訳も含めての翻訳、といったところか。
    全499本、すべてを訳しているので、500ページを超える厚い本になっているが、僕なんかは原文をスルーして翻訳のパートのみを読み進めたので、思ったよりも早く読み終えた。それでもかなり時間はかかったけれど。
    先にも書いたように「現代風に、というか現代に生きている我々日本人にもわかりやすい」ように訳されており、それはそれで興味深いし、なるほど、と思えることも多かったのだが、「現在の政治家に言い聞かせたい教えだ」的な、今の政府、政治界を揶揄、あるいは批判するような高橋氏の私情が挟まれる部分が必要だったのかどうか。
    論語の教えを現行の政府や政治システム等になぞる行為は実は高橋氏がやることではなくて、読み手である僕ら自身がやることのように思える。「有難迷惑」とまでは言わないけれど、もう少し含みを持たせて読者諸氏のイメージを膨らませるような内容だったら、もっと良かったように思う。

  • 読み下し文と著者による現代語訳が併記されていて、しかも全499節が載っていて大変勉強になった。現代語訳においては著者のセンスで当時の物を今の物に置き換えたりしており、とっつきやすさや理解しやすさを高めるための工夫が感じられた。
    論語の解釈の通説とかを知らないからはっきり言いにくいけど、著者の訳し方に恣意的なものがあるような気がして、そこは差し引いて読んだ。

  • 後で後悔する、という日本語が何度か出てきたことは気になってしまった。

    論語というとっつきにくい内容を現代の話題に置き換えながら分かりやすく翻訳してあり、かつ高橋さんのユーモアあふれるコメントも多く、あっという間に読めるものであった。
    誰にとっても響く論語が必ずあるが、特に組織のマネジャーやリーダーを担当されている方が読むと学びや自らの振り返りになり良いと思う。

  • 二十年、インテリ源ちゃんこと、高橋センセイは、論語に向き合ってきた。
    その成果が本書だとのこと。
    過去の注釈類を踏まえつつ、現代人に通じる表現に訳したのが本書だ。

    例えば。こんな具合。
    89 子曰く、約を以て之を失う者は鮮し。
    「不思議なことに、人間っていうものは絶体絶命ってところまで追い詰められると、意外に失敗しないんですね。冷静になる、っていうより、アドレナリンが出て、脳がフル回転するからじゃないでしょうか。あなたたちも、たまには、そういう境遇になった方がいいのかもしれませんね。フフフッ」

    こんな風なので、読み通せる。
    というか、論語についていろいろ読んできたけれど、本文を最初から最後まで読めたのはこれが初めてだ。
    レベルが低くて恥ずかしいが、こんなところで自分としては感動してしまった。

    ただ、どうも高橋センセイと文化を共有していないところもあるわけで、ところどころポカンとしてしまう部分もある。

    例えば。160の「セイセイセイ、ヘイヘイヘイ事件」。
    斉の国の韶に孔子がはまってしまったというエピソード。
    辞書を引くと、韶は舜が作った楽だそうだ。
    しかし、語注はないようにした本なので、「セイセイセイ、ヘイヘイヘイ」が何だかわからない私には、お手上げとなる。
    意外な落とし穴だ。

    …と考えていくと、この本も、意外と近い将来に、例えば日本が約一億三千万の人口とは言えなくなったころに、「注釈」が要るようになるのかも。

    やはり次はほかの全訳本を読もうかな。
    先ごろ亡くなった井波律子さんのもあると、本書の註で知った。
    それもまた、本書からの収穫だ。

  • 翻訳であって翻訳でないことは承知の上で言うと、もう少し通常の意味での翻訳寄りであってよかったのではなかろうか。そして翻訳とそれを広げた語りは別にしたほうが高橋源一郎ならではの解釈を掴みやすかった。あと、漢字にもっとルビを振ってほしかった。親が亡くなった時の服喪の期間の意味など初めて知ったことがいくつもあった。

  • 40過ぎて、"四十而不惑" が引っかかり、論語に興味あったところに、タカハシセンセイによる新訳ということで購入。初めて論語を読み通し、512もの短文からなるものだと知った。正直、読み飛ばした感あるものの、「折返し地点で」で引用されたペリクレスによる葬送演説含めて、ヒトについて考えるきっかけになった。過去から今はつながっているのだよね。

  • 作家の高橋源一郎氏がとある企画のテーマとして本を出すことになり読み始めた論語。
    その企画は没になり、本も流れてしまったが、読み始めた論語の魅力にハマり、20年にわたって少しずつ論語の、孔子の言葉の意味を探り続けた。
    そしてその集大成が本書。超訳でも抄訳でもなく、論語の初めから終わりまで、すべての節を載せ、それについての現代語訳を載せる。
    論語に限った話ではないが、高橋氏によれば、論語も他の古文書の例に漏れず、その読み方、内容の解釈については一筋縄でいかない難解さがあり、研究者の中でも解釈が分かれる部分が多数あるらしい。そういう難解な点も含め、20年と言う期間の中で氏が考え抜いた高橋源一郎氏の解釈で本書は構成されている。
    まさに温故知新の一冊。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高橋源一郎(たかはし げんいちろう)
1951年、広島県生まれの作家、評論家。明治学院大学国際学部教授。1981年『さようなら、ギャングたち』で群像新人賞優秀作を受賞しデビュー。『優雅で感傷的な日本野球』で第1回三島由紀夫賞、『日本文学盛衰史』で第13回伊藤整文学賞、『さよならクリストファー・ロビン』で第48回谷崎潤一郎賞を受賞。

高橋源一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上春樹
カルロ・ロヴェッ...
リンダ グラット...
辻村 深月
メンタリストDa...
山崎 聡一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

一億三千万人のための『論語』教室 (河出新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×