頭がいい人の文章の書き方 (イラスト図解版)

  • 河出書房新社
3.50
  • (14)
  • (29)
  • (35)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 439
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309650937

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本語文章の書き方の実用書。
    読み手に伝わりやすく、読みやすい文章の書き方を学べる。

  • 使える。

  • プロローグで‘文章を見れば頭のよしあしがわかる’と意見を述べ、具体的にどのように書けばよいか、学校では教えない文章を書くテクニックがわかりやすく書かれている。

    書く前の仕込みから細かい文章のルールなど多岐にわたる。
    「頭のいい文章」と「NGな文章」を具体的に示してあり勉強になった。

  • ブログを書く人もいいと思う。

    非常にわかりやすい解説、
    NGの例とOKの例を筆者が書き、
    なぜ、NG例は文章としてよくないのか、説明がついている。

    過剰な文章の修飾や、同じ言葉の繰り返し、
    曖昧な言葉の使い方、は私がよくやりがちなことや、

    わからないことは書かない。

    という当然の原則も書かれていて耳が痛かった。

  • 著者が、出版社の入社試験で作文を書かせていた経験から、
    どのような文章がよいと思っているのか?というポイント
    が教えてもらえる。

    【内容】
    文章の書き方の教科書。

    <著者について>
    著者は過去に出版社で入社試験の問題作成を担当していた。
    入社試験では作文でふるいにかけていた。
    頭の良し悪しを判断するのに手っ取り早かったからだそうだ。

    <この本でいう頭のいい人とは>
    1. 論理的に主張できること。
    2. 聞き手が耳を貸してくれるように主張できること。
    ※プレゼンの技術があること。

    <内容>
    文章を書く前の仕込、話の組み立て方、書き方、文章トレーニングの仕方まで話題の幅は広い。
    各話題の紙面の構成は「見開き2ページ」「1ページ毎」など目を通しやすくできている。

    【コメント】
    ざっと目を通して、新しい話題がいくつか得られればめっけもん。
    話題の中には、さらっと流して説明が足りないと思うところあり。

  • あんまり真新しい発見はなかったけど。
    自分が書きたいことでなく、読者が読みたいもので自分が書きたいものを書く。改めてこの大切さを実感。
    分からないことは書かない、分かっていることこそ丁寧に書く、数字をだすなら説明を形容させるとかね。
    抽象的なことを具体的に描くとか。
    パラパラ読んでそこそこ楽しい本でした。ってなんて上から目線(笑)

  • イラスト入りなので、すっと頭に入ってくる。
    文章を書くときには、手元に置いて参考にしよう。

    「人が読みたいことを書く」のには賛成。
    自分が読み手になったとき、疲れる文章と対面するのは嬉しいことじゃありませんから。

  • 真新しい情報はあまりなかったが、わかりやすく書かれている。

    ■抽象的なテーマは具体的にする
     (例)愛情とパソコン
    ■報告文の構成
     1.事実の報告
     2.視点の設定(事実のどこに目を向けるか)
     3.辛辣な意見(視点に沿って意見を表明)
    ■企画書の構成
     ・目理方結
    ■段落の最初に「さわり」を見せる
     ・文章のあらましや結論を入れる
    ■誤解を避ける→肯定文で書く
    ■数値データには意味を書く
    ■広い意味をもつ動詞は言い換える
     (例)テレビを見る
       ・テレビを眺める、テレビをじっくり観る、
        テレビをつけっぱなしにしておく
    ■助詞の使い分け
    「は」
     ・すでに誰もが知っている古い情報を伝えるとき
     ・話の中心点として”定数的”に
    「が」
     ・相手にとって新しい情報を伝えるとき
     ・対象をせまく、”変数的”に
    「に」
     ・目標を表す
    「へ」
     ・単なる方向を表す

  • 会社の企画書や大学の論述など、幅広い分野で応用が可。
    具体例なども豊富なので、長文を書くときにほしい一冊
    ただし、幅広く使える=基礎が多いということなので、もっと突っ込んだことが知りたい人は、これ+専門書を買うことをお勧めする。

  • この人自体あまり頭がいい人だとは思えないけど、
    いろいろと学ぶところがありました。

    例えば
    基本的なところでは、否定形や受身形を使わないということです。
    他には、今後の文章作成能力を向上させるためのヒントとなるだろう、
    「小説を読んだ後は裏カバーを書いてみる」や、
    「テーマを絞ってもいいから毎日日記を書く」ということを学んだからです。

    2012年7月3日に再読。
    今は意識せずに実施できていることとかが書いてあって、成長したなぁと思うとともに、ハウツー本に書いてあることはどれも似たようなもんだ、とも思う。

著者プロフィール

日本語に関して、語源、字源、漢字、流行語などさまざまな興味深いテーマを、日夜研究・発表しているグループ。著書に『国語力がメキメキ身につく本』、『読めないと恥ずかしい漢字1000』などがある。

「2019年 『語源500 面白すぎる謎解き日本語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本語倶楽部の作品

ツイートする