陽水の快楽―井上陽水論 (文芸叢書)

著者 :
  • 河出書房新社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309710525

作品紹介・あらすじ

井上陽水の作品に超越論的欲望の行方と変容を探り、朝日新聞論壇時評で絶賛された画期的長篇評論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1986.10.20読了)(1986.05.18購入)
    井上陽水論
    (「BOOK」データベースより)amazon
    たとえば彼が描くのは、耳当たりのいい、頽落した都会のエロス的幻影だ。しかしその底には、かすかな不幸を孕んだ「めまい」が聴こえる―。「至上のもの」への欲望と、必然的に訪れる挫折。そして夢から醒めたあとの、より深い感動へ。陽水の音楽を聴き続けることから生まれた、自分自身の生を獲得するための鮮烈な思想。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。哲学者。早稲田大学政治経済学部卒業。現在、早稲田大学国際教養学部教授。主な著書に、『プラトン入門』、『言語的思考へ』、『人間的自由の条件』、『完全解読 カント『純粋理性批判』』、『完全解読 フッサール『現象学の理念』』ほか多数。

「2017年 『ハイデガー入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

陽水の快楽―井上陽水論 (文芸叢書)のその他の作品

竹田青嗣の作品

陽水の快楽―井上陽水論 (文芸叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする