図説 千利休―その人と芸術 (ふくろうの本)

著者 : 村井康彦
  • 河出書房新社 (1999年3月発売)
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309726007

図説 千利休―その人と芸術 (ふくろうの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号:791.2セ
    資料番号:010333003

  • 写真が多くて楽しかったです。
    堺にいたときに知っていればと思います。

  • 古典落語の『井戸の茶碗』『茶の湯』や東野圭吾著『卒業』、よく見るテレビ東京の『なんでも鑑定団』で、茶道、茶道具ひいては千利休に興味がわいていたので読んでみました。秀吉により自刃させられたのはなぜだろう?井戸の茶碗ってどんなものだろう?写真を見たい、というような好奇心がありました。収録図版約230点がオールカラーで一気に見れます。写真であっても、道具の持つ「力」を垣間見ることができます。次は利休の生涯を描いた小説をみつけて読みたいと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

図説 千利休―その人と芸術 (ふくろうの本)のその他の作品

村井康彦の作品

図説 千利休―その人と芸術 (ふくろうの本)を本棚に登録しているひと

ツイートする