図説 遠野物語の世界 (ふくろうの本)

著者 :
  • 河出書房新社
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 33
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309726441

作品紹介・あらすじ

ザシキワラシ、山男、カッパ、オシラサマ、家の盛衰-遠野の地に伝えられ、柳田国男が記録にとどめたさまざまな話を豊富な図版により構成する。直筆草稿、清書、校正などをもとに聞き書きから出版までの過程を徹底的に分析。民俗の故郷への旅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 遠野物語の本文を読む前に、参考資料として読んだもの。大きな写真がたくさん載っているので、遠野物語の世界を覗き見ることができたようで、その後読んだ本文に対する理解が深まった。また、本文についても多少触れられているので、参考資料として大変役立った印象。

  • お祭りの様子とか、遠野町の写真がたくさん載っていて楽しい。

    遠野物語を、山・川・里・町、にジャンル分けしてそれぞれ解説されているのも分かりやすくて良い。
    でもやっぱり一番は山かな!

    傾いた鳥居とか、意味深な岩とか……見てみたいなあ。

    語り部のおばあちゃんたちの写真とプロフィールも興味深いけど、方言ばりっばり☆な小話まで載っている。素敵だ!

  • 2008/4/17

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1958年東京都生まれ。国文学者・民俗学者。東京学芸大学教授。著書に『文豪たちの関東大震災体験記』『図説 遠野物語の世界』『図説 古事記』『図説 源氏物語』『遠野物語の誕生』『感染症文学論序説』など多数の著作がある。

「2022年 『沖縄文化論集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井正己の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×