灰になるまで (九龍コミックス)

著者 :
  • 河出書房新社
3.67
  • (7)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309728179

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 神?

  • もやもやするけど心地よいです。

  • 多田由美ベスト4巻(最終巻)。やはり駄目なそれでいて愛おしい人間が出てくる短編集。表題の「灰になりまで」は女ストーカーの話ですが、美人な女性だとストーキング行為も正当化されてしまうのだな、と。依存の関係がいつしか逆転しているのが興味深いです。「灰になるまで」と「Love me,Please love me」が特に好き。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1963年生まれ。大阪府出身。1986年、「月刊ASUKA」(KADOKAWA刊)でデビュー。以後、『トゥルー・ブルーは決して色あせない』『ディア・ダイアリー ―多田由美 短編集―』など短編集を数多く手がけ、イラストレーターとしての活動も行う。現在は神戸芸術工科大学芸術工学部まんが表現学科にて准教授を務めている。

「2019年 『レッド・ベルベット(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

灰になるまで (九龍コミックス)のその他の作品

多田由美の作品

ツイートする