不思議庭園の魔物 (九竜COMICS)

著者 :
  • 河出書房新社
3.52
  • (8)
  • (10)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309728247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 巻末のインタビューに「近年の作品はキャラクターの感情描写に重きを置いている」とあった通りの内容で、基本猟奇的な題材の割に、どきついという感覚よりも丁寧な物語性の方が印象に残る。

  • 幽霊が出てくるみたいなホラーが多くて期待はずれだった…。

    でも、最後の人形姫は云うことなしの傑作!

    満足した。

  • 短編集。「人形姫」は人形を創っている人、特に球体関節人形が好きな人にはたまらないと思う。

  • 猟奇と狂気と恐気の短編集。
    クレイジーばんざいっ!と両手を挙げて大喜びをしてしまう自分がクレイジーなのか?

    かなり濃ゆい短編集。
    作者さんのロングインタビューが載っているのも嬉しいところ。

    かなり読み応えアリ。
    個人的にはもの凄く人に勧めたいが、きっと勧められないんだろうな…

  • あの図書館に行きたい。(資料的な意味で)

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

大越孝太郎 ★漫画家。1986年、青林堂刊行のガロ12月号にて『アカグミノカチ』でデビュー。デビュー以来、一貫して「猟奇」をテーマに描き続け、カルト界での評価はもちろん、一般のファンやプロの描き手にも信奉者は多い。代表作に『月喰ウ蟲』『フィギッシュ』『天国に結ぶ戀』『猟奇刑事マルサイ』など。    Cuvie ★漫画家。同人活動などを経て、2001年にデビュー。様々なジャンルにわたり、繊細な心理描写と魅力的な画風を駆使した作品を手掛け、絶大な人気を博する。現在、ヤングチャンピオン烈にて『NIGHTMARE MAKER』を好評連載中。代表作は『ドロテア ~魔女の鉄鎚~』、『ハコイリ』、他にも作品多数。    沙村広明 ★漫画家。1993年、アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて四季大賞を受賞した『無限の住人』でデビュー。年末より連載化した同作は、現在も大人気連載中。2008年にはアニメ化もされた。他にも『おひっこし』『シスタージェネレーター』『ハルシオン・ランチ』(以上すべて講談社・刊)など作品多数。

「2012年 『ネメシス 2012年 秋号 ♯10』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大越孝太郎の作品

ツイートする
×