諸星大二郎 ―怪を語り、快を生み出す― <大増補新版> (文藝別冊)

著者 :
  • 河出書房新社
4.13
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309979441

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大満足の一冊でした。『10代の頃に描いたらくがき』で著者が『前とほとんど同じ内容なのに描き下ろしを加えただけでまた同じ本を売ろうというあくどう商法』などと書かれていますが、もし前作を買っていたとしてもまたこちらも買っていると思います。特に巻頭の対談は2017年11月のものですし。内容充実で表紙が私の好きな栞と紙魚子なのもとても嬉しい。その言及されている”前の”本は2011年に出版されたそうで、私はその頃日本での出版物が手にはいらない情報も極小の時期だったので、こんな良い本が出版されていたとは知りませんでした。あくどかろうがなんだろうが出版してくれてとてもよかったです。

  • P46にモロ☆先生の文章。
    このたびは文藝別冊『総特集 諸星大二郎』増補新刊をお買い上げいただき、有難うございます。前とほとんど同じ内容なのに描き下ろしを加えただけでまた同じ本を売ろうというあくどい商法にもかかわらず、また買ってくださったお客様には、特に厚く御礼申し上げます。

    つまり、そういうこと。
    2011年の本も買ってるから、どうしようかと思ったけど、星野之宣先生との対談が収録されてるので、購入。文芸別冊史上、最も厚い本とのこと。編集者も特集したくなる存在なんだな。

    個人的には、海神記の続篇を熱望している。

  • 買わされてしまった形だが、内容は前のよりけっこう充実していて楽しい。みんな諸星先生ほんとうに好きよねえ。これほど愛されたマンガ家ってあんまりいないよな。

  • こんなにいろんな物語を描けるって、天才以外ないな。
    そんな作者を深掘りした特集本です。

    こんなにいろんなマンガ家先生に尊敬されてるってのもすごいな!!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2018年 『諸星大二郎 <大増補新版>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諸星大二郎の作品

諸星大二郎 ―怪を語り、快を生み出す― <大増補新版> (文藝別冊)を本棚に登録しているひと

ツイートする