男の子の“やる気"を引き出す魔法のスイッチ

著者 :
  • 学陽書房
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784313660618

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 少し前に読んだ子育ての本に比べて、自分がしていないことの指摘も多かったが、その中でも納得できるものと、ちょっとおかしいなと思うことがあった。
    他の本でもそうだが、どうしても家族の中での母親の役割と父親の役割を決めつけてしまうところがあり、そこの柔軟性がもう少しあれぼ良いのにと思った。

  • メモ

    「面白そう」で好奇心スイッチを刺激
    成果をビジュアル化!
    的確な指示を。

  • タイトルにあるように、男の子に焦点をあてた子育ての本です。私立小中一貫校の男子校で23年間教師をしてきた著者が書いているので、説得力はあります。
    読者のターゲットは母親のようなので、男の子の子育てでちょっと悩んでいる方などが読むと気付きを得られると思います。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

長崎大学在学中、ローマにて聖ヨハネ・パウロ二世教皇より受洗。私立小・中学校教諭を経て、現在は作家・教育評論家として執筆・講演活動を行っている。著書に『永井隆』(童心社)、『マザー・テレサ愛の花束』『感謝の習慣が、いい人生をつくる』(以上PHP研究所)、『平和の使徒ヨハネ・パウロ二世』『クリスマスのうたものがたり』『1945年ながさきアンジェラスのかね』(以上ドン・ボスコ社)など多数。

「2019年 『天と地をつなぐ道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中井俊已の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×