愛するということ 新訳版

制作 : Erich Fromm  鈴木 晶 
  • 紀伊國屋書店
4.12
  • (409)
  • (305)
  • (218)
  • (21)
  • (11)
本棚登録 : 3603
レビュー : 359
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314005586

作品紹介・あらすじ

人間砂漠といわれる現代にあり、こそが、われわれに最も貴重なオアシスだとして、その理論と実践の習得をすすめた本書は、フロムの代表作として、世界的ベストセラーの一つである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「愛は人を好きだったら、運がよければ愛に出会えるものではなく、自分から生産するもの」、「誰かを愛して、誰かを愛せないなら、誰をも愛してない」

    現代社会、資本主義の構造が、愛ということを含む人々の精神状態の傾向を作っている解説は納得でした。
    愛の修練の箇所では、自分に集中することなど、ヴィパッサナーと同じことが書かれていたのには驚きました。やはりそれが愛を生む前提の土台なのか‥2500年前に既に人が知っていたこと‥
    改めて感動したと同時に、周りを見わたしても成熟した愛を生む喜びを感じられる幸福な人は少ないことに気づき、今の現実に気づかされました。

    ・たいていの人は愛を「愛する」ではなく「愛される」という問題として捉えている。
    ・能動的な感情を行使するときには、人は自由であり、自分の感情の主人であるが、受動的な感情を行使するときには、人は駆り立てられ、自分では気づいていない動機の僕である。
    ・愛は行動であり、自由でなければ実践できず、強制の結果としてはけっして実践されえない。
    ・愛は何よりも与えることであり、もらうことではない。
    ・貧困は人を卑屈にするが、それは貧困生活がつらいからではなく、与える喜びが奪われるからである。
    ・与えるということは、他人をも与える者にするということである。
    ・愛するためには、性格が生産的な段階に達していなけれならない。依存心、ナルシズム的な全能感、他人を利用しようとかため込む欲求を既に克服し、自分の人間的な力を信じ、自分の力に頼ろうという勇気を獲得している。これらの性質が欠けると、自分自身を与えるのが怖く、したがって愛する勇気もない。
    ・愛とは、愛する者の生命と成長を積極的に気にかけることである。
    ・自分が相手に関して抱いていたゆがんだイメージを克服し、相手を、そして自分自身を客観的に知る必要がある。
    ・愛は人間の実存にたいする答え。
    ・助けが必要だからといって、その人が無力で相手方に力があるというわけではない。
    ・自分の役に立たない者を愛するときにはじめて、愛は開花する。
    ・母性愛の真価が問われるのは、幼児にたいする愛においてではなく、成長をとげた子どもに対する愛においてである。
    ・ナルシズム傾向のつよい母親、支配的な母親、所有欲のつよい母親が、愛情深い母親でいられるのは、子どもが小さいうちだけである。
    ・人を愛することのできない女性は、子どもが小さいあいだだけは優しい母親になれるが、本当に愛情深い母親にはなれない。
    ・自分の全人生を相手の人生に賭けようという決断の行為であるべきだ。
    ・1人の人間を愛することは人間そのものを愛することでもある。自分の家族は愛するが他人にはめをむけなといったことを、ウィリアム・ジェイムズは分業と呼んだが、これは根本的に愛することができないことのしるしである。
    ・もしある人が生産的に愛することができるとしたら、その人はその人自身をも愛している。もし他人しか愛せないとしたその人はまったく愛することができないのである。
    ・利己的な人は自分を愛しすぎるのではな愛さなすぎるのである。自分自身を愛しすぎているかのように見えるが実際には真の自己を愛せず、ごまかそうとしているのである。

    ★愛の修練、前提条件
    ・1人で何もせずいられること
    ・集中力(いまここで現在を生きること)
    ・目的を達成できないのではないかと思うが、何事にも潮時があるので、忍耐力をもつ
    ・自分自身に対して「どうしてそう思うんだろう?」と敏感に気づく
    ・自分は○○できるから、あの人だってできるはずだというナルシズムの克服
    ・子どものことを従順だとか、親としてうれしいとか、親の自慢だと感じ、子どもが実際に感じていることに気づかないなど客観性を失わない。
    ・人間や物事をありのままに見て、その客観的なイメージを自分の欲望と恐怖によってつくりあげたイメージと客観的に区別する能力
    ・客観的に考える能力、それが理性。理性の基盤となる感情面の姿勢が謙虚さである。
    ・権威への服従に基づいた信仰のことではなく、自分自身の思考や感情の経験に基づいた確信という「信じること」。
    ・自分の愛は信頼に値するものであり他人のなかに愛を生むことができる、と信じることである。
    ・他人を信じることのもう一つの意味は、他人の可能性を信じることである。
    ・教育とは、子どもがその可能性を実現していくのを助けることである。真逆の洗脳は、大人が正しいと思うことをこに吹き込み、正しくないと思われることを根絶すれば、子どもは正しく成長するだろうという思い込みに基づいている。
    ・他人を信じることを突き詰めて行けば、人類を信じることになる。人間には可能性があるので、適当な条件さえあたえられれば‥。
    ・権力を信じることは信念とは正反対。現在すでにある力を信じることは、まだ実現されてない可能性の発達を信じないことであり、現在目に見えるものだけにもとづいて未来を予想することだ。しか人間の可能性と人間の成長を見落としている。
    ・信念を持つには、苦痛や失望をも受け入れる覚悟の勇気がいる。安全と安定こそが人生の第一条件だという人は信念を持つことはできない。他人と距離をおき、自分の所有物にしがみつくことによって安全をはかろうという人は愛する、愛される勇気がない。
    ・ある他人にたいしてある評価をくだし、たとえそれがみんなの意見とちがっていても、また、なにか不意の出来事によってその評価が否定されそうになっても、その評価を守り通すには、信念と勇気が必要だ。あるいは、みんなに受け入れられなくても、自分の確信に固執するには、やはり信念と勇気が必要だ。また、困難に直面したり、壁にぶちあたったり、悲しい目にあったりして自分に課された試練として受け止め、それを克服すればもっと強くなれる、と考えるには、やはり信念と勇気が必要である。
    ・自分がどんなところで信頼を失うか、どんなときにずるく立ち回るかを調べ、それをどんな口実によって正当化しているか詳しく調べる。そうすれ信念にそむくごとに自分が弱くなっていき、弱くなったためにまた信念にそむくといった悪循環に気づく。
    ・人は意識のうえでは愛されないことを恐れているが本当は、無意識のなかで、愛することを恐れているのである。
    ・愛するということは、なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に、全面的に自分をゆだねることである。
    ・愛以外の面で能動的・生産的でなければ、愛においても能動的・生産的になれない。

  • 「愛」って何だろう?「無限」ってどういう事?
    2013年はそんな本からスタート。
    「愛される方法」や惚れさせるテクニックより、
    「どうしたら人を愛し続けられるか」の方が難しい。愛するって、信じるによく似ていて、好きって、悔しいに近いってぼんやり思う。

  • 心の奥底から愛を求めているくせにすべての物が愛よりも重要だと考えている。

     「愛は随分昔にどこかに置いてきた」そんなことをボンヤリと頭に浮かべながら、静まり返ったカフェの中でこの1冊を僕は手に取って読み始めた。ハッとさせられるような文章、深く共感するような文章に引きこまれて僕は魅了された。最初は読むのが恥ずかしいと思ったタイトルだったが、すぐにこの本に夢中になった。夢中になりすぎて、気がつけば渋谷に向かう通勤電車の中でさえ読み始めた。周りにいたサラリーマンやOLがこっちをみて、“愛するということ”というタイトルを見てクスクスと笑った。でもそんな周囲の目線はもはやどうでもよかった。僕は内容に全神経を尖らせ、集中した。
     「愛は何よりも与えることであり、もらうことではない」、この言葉が本書で一番自分の胸に突き刺さった。上手く表現できているかわからないが、“僕”という人生の過去を振り返ってみると、恋人との恋愛において、今までずっとGive(与えること)ではなくTake(貰うこと)ばかり考えて接してきた(ように思う)。そしてそのような僕の横柄で傲慢な態度は、いつも上手く行かずに失敗ばかりしてきた。例えば、遠距離恋愛をした彼女。大学2年生の半ばから3年生の始めまで付き合った同志社大学に通う彼女は特にそうだった。遠距離恋愛だったので2人で会って過ごす時間は少ない。夜行バスにのって僕が大阪の梅田に行き、彼女が神奈川まで来る、みたいな恋愛の仕方だった。詳細は省くがこの恋愛は破綻した。僕が与えられなかった、いや、正確に言うと与え続けられなかったからだと思っている。もうひとつは、「愛とは、愛する者の生命の成長を積極的に気にかけることである」という本書に書いてあることが、2人の距離が離れていたために実現できなかったからだ。直接顔を合わせられるのは多くても月に1回程度。普段の近況報告はメールかスカイプ。
     また、彼女は同志社大学で有名な学生団体の代表をやっていたり、僕の方も何かと忙しかったりして、お互いに連絡する機会が徐々に少なくなっていた。普段の別のことが忙しくて顔も合わせなければ、当然お互いに対関心が薄れていく。お互いが強い関心を持ち続けられないと“愛”という目に見えない“何か”は続かないという当然の事を、僕はこの本を読んだ時に思い出した。
     「愛という技術を習得することが自分にとって最大の関心ごとにならなければならない」ということに対してもとても納得した。「成功、名誉、富、権力、これらの目標を達成する術を学ぶために殆どのエネルギーが費やされ、愛の技術を学ぶエネルギーが残っていない」と本書にあったが、全くその通りだと思う。僕は、自分のスキルアップのためならとてもエネルギーを注ぐ(例えば、英語に関しては毎日25分のフィリピン人とのオンライン英会話に月に5,000円払う)。しかし、「他のどんなことよりも恋愛にNo.1プライオリティを置いているか?」と問われれば、間違いなく「No!」と答えるだろう。僕も含めて、恋人がいない人は、“恋人欲しいな”と心の底では思っている。だが一方で、実際に心のどこかで、「まあ、恋人がいなくても別に困らないからな」と思っている人が多い気がする。
     自分自身に対する関心を超越して、相手の立場になって初めてその人をみることができたときに愛は成立しうるんだと思う。“愛”とは、“愛する者の生命の成長を積極的に気にかけることである”、こんな考え方をもって次に愛する人と一緒に時間を共有したい、そんなサラサラと砂が落ちるような感情を抱いた一冊だった。次に愛する人、いや恋する人に出会うのがちょっぴりと楽しみになる素晴らしい一冊に出会うことができて、課題図書で指定してくださった井下先生に感謝。

  • 「愛は技術である」「The art of loving 」という出だしがまず印象的で、後半では、現代資本主義によって、消費生産活動のみに従事する大衆が人間的な豊かさを失っていることを指摘するとともに、人間の人を愛するという本性的な営みと社会的生活が一体化するような社会システムが必要とされると主張ししている。

    結局今の社会では、集団/慣習/信仰に基づいた同調意識によって、人間の根本的な、孤立を克服したいという欲求に応えようとしているものの、仕事/娯楽の内容も画一的で、本質的な人間同士の一体感という満足を得ることができない。

    それの大きな原因は資本主義的なシステムにあり、人間ではなく経済発展にスポットが当たっており、人間のロボット化が進んでいるからだ。

    最後に、愛とは、自分の生命の息吹ー知識、喜び、興味、ユーモア、理解ーを与えることであるとともに、世界全体に対して、自分がどう関わるのが決定する態度および性格の方向性のことである。

    自分自身の生産的な観察と思考に基づいた、他の一切から独立した確信を持って生きる態度というのは、映画スターや著名人のように決して称賛され模倣されることはないが、ポスト資本主義時代においては必要な考え方ではないだろうか。

    この本が50年以上前に書かれていて、今なお通じるところが多いことには素直に驚いた。

    面白い本貸してくれた友達には感謝やな

    • さおりさん
      阪急でthe art of lovingの方を読んでる人がいて話しかけたかった、が、やめた
      阪急でthe art of lovingの方を読んでる人がいて話しかけたかった、が、やめた
      2019/05/21
    • egueguさん
      なかなか話しかけるのは難しいですよね。知ってる人ならともかく…!
      なかなか話しかけるのは難しいですよね。知ってる人ならともかく…!
      2019/05/24
  • 頭の中を言語化されているようで、読んでる間終始不思議な気分だった。怖いような、ムカつくような。

    愛は美しいものじゃない、ほんとは痛みも苦しみも伴うものだとずっと感じてきてたのに、あっさり言語化されちゃった。

    わかってくれる人に出会ったことないけれど、これがわたしの愛の真実。

  • 1956年に書かれたとは思えないくらい、現代にも通用する愛を巡る状況。人は市場原理に支配されたことで、愛することが難しくなってしまった。

    愛することは技術である。
    愛とは「恋に落ちる」ような一時の燃え上がるような感情ではない。愛とは与えるものであり、人として合一になることである。
    人を愛せない人は、自身のことを愛していない。

    愛するために必要なことは、客観性と信じること。客観性とはつまりナルシシズムからの脱却であり、ありのままを見つめること。
    信じるとは可能性を信じることであり、自分自身を信じなければ他者も信じることはできない。

    愛する技術を習得するためには、規律と忍耐と集中が必要。自分1人でもいられるように、自分を律し、今を生きることに集中すること。

    内容的に、キリスト教色が強かったり、ジェンダー観が受け入れがたいところもありますが、そういうところは書いてあることを表面的には捉えるのではなく、一番言いたい核心は何なのかという視点で読むことが必要。

    *以下、メモ
    最近この手の本を読むと思い出すのが、嫌われる勇気で言及されていた、アドラー博士の言う「共同体感覚」である。別のところでは「共通の人間性」と表現されていたこともあった。
    表面的には様々な違いはあれど、人の求めるところは根本では共通であり、それを体感することで他者と一体になる感覚が得られる。私自身、それを体感した覚えがある。
    本著と繋がることとしては、人は誰しも愛し愛されたいと思っているということ。これが共通の人間性であり、これを体感すると人というものが皆同じものを志向する共同体であると感じられるようになる…のではないだろうか。

    うーん、書いててよくわからなくなってきた。また読み返したい。

  • 名著であると思う。今まで読んだ本の中でも
    最高ランクに値するくらいのいい本だと思います。
    少し、難解な部分もありますが、久しぶりにひとつの
    本を繰り返して何度か同じ部分を読み理解し進めて
    いけば理解できる、というかそういうふうに読みた
    くなる本だと思います。
    愛は技術であり、能力である。よってそれを得るには
    習練が必要であり、論理が必要である。
    愛することの基盤は、内的能動、つまり自分の力を
    生産的に用いることである。愛は能動である。
    そのほかすばらしい文書。言葉がたくさんある。
    何度も読んでみたい本です。
    周りの方々へ、これを機に、今から私が愛について
    滔々と論じはじめても温かくみまもってください。

  • 心理、というよりは哲学?
    何となくあまやかなものを想像して読むならそれは裏切られますね。
    結構厳しいことが書かれていると思います。

    以前から読みたい、と思っていたところへ新装版。そしてNHKで解説番組を放映してくれましたね。
    これを観ておいてとても良かった。でなければもっと理解は難しかったと思います。
    しかしそれでも難しかった…。確かに読む年代や人生経験、心理状況によって受け止め方や理解の深度など変わるのでしょうね。

    やはりエンタメ寄りな思考の私は「愛は技術である」ことをフロムさんはどのように実践したのか、実生活に活かしたのか活かせなかったのか、の方に興味がでてしまいます(笑)

  • いつか読もうと思っていた本。

    愛することは与えること。
    一人を通してすべての人を、世界を自分自身を愛すること。
    そのためには技術を磨くこと。
    規律、忍耐、集中、信念。

    それは自分自身を人間的に高めていくこと。

    力強い言葉がたくさん詰まっています。
    帯の谷川俊太郎さんの言うように、年を重ねて読むとまた感じ方が変わるでしょうか。

    その時まで大切に書棚にしまっておきます。

  • 最近読んだ本では孤独を絶賛していましたが、この本は人を愛することこそが幸福であるとして、人との能動的な交流を推奨していました。人を愛するというのは対象の問題、つまり愛すべき人が現れたら自然と愛せるというものではなく、愛する能力を身につけるからこそ愛せるのだ。という面白い考えを示してくれました。
    ......はい、納得です。スポーツや仕事等色んな技術を磨いても愛する技術に目を向けている人ってほとんどいないですよね。それはいわゆる「モテテク」なんかではなく、自分の内面と向き合い、長い時間をかけて生み出し、成長させる技術です。人を愛するため、そして幸せになるため、その技術を獲得する努力をする必要があると感じました。
    (先ほど人との関わりを推奨すると書きましたが、孤独を否定しているわけではなくて、むしろ愛に必要な忍耐力や集中力を得るためにはその孤独というものが大変重要なものであると述べられています)

  • 愛という抽象的概念を理論立てて定義する試み。
    困難が伴うであろう作業だが著者は見事これに成功している。

    愛とは与えること。
    そして与えるためには、自らを拠り所にして生産的に生きることが必要。そその前提には「自らの思考・経験に基づいた信念」がある。

    孤立の不安・恐怖から逃れるのが人類の願望であり、それゆえ人は愛を他者に求める。しかし、本当の愛を手に入れるのは自分の存在に信念を宿らせる人間のみである。したがって愛することは修練が必要になる。そしてその修練はいついかなる時でも規律・集中を実践することであると著者は説いている。
    愛は決してメロドラマのように運命的に恋に落ちることを指すのではない。
    自分の全存在を賭して他者の可能性に飛び込む、非常に能動的で勇気の必要な行為であるのだろう。

    最後に愛の実現に影響を及ぼす今日の資本主義社会の問題点を著者は提起していた。これはいまだ現在の我々の課題に通じる。

    資本主義の限界点が愛という視点から見事に指摘されており、感銘を受けた。

  • 「コテコテの機能付き冷房が効いた部屋で、横になりながら一冊の本について考え、使い方によっては孤独を埋めてくれるスマホをイジる」という贅沢な日常の中にいては、時代・言語・生活習慣などが自分と異なる筆者の価値観に、どれだけ寄り添えているのか分からないけれども、「愛」という壮大なテーマに関して、自分の理想像もしくは人々への勧めとして、自身の考え方を世に表明する筆者に、尊敬の念です。
    どうしても愛を求めてしまう自分が嫌で、それを改善しようと努力し思考して導いた理想像を実現するべく、世に本という形で実現を宣言した。一方で、その宣言の中には、世に承認されたいと思う自分がいて、結局「愛されたい」という人間の本質的な部分は変わらないのか、という筆者の自覚もあった。だからこそ題名に、‘art’と付け、できるだけ生来の人間の性質に上書きする形で、愛を求めるよりも相手を愛す努力をすべきだ、というメッセージを示唆したのでは、という気がしました。
    時代が違えど、食べて飲んで寝て笑う同じ人間の気持ちが、はっきり分からないというのは、とても不思議だなと感じます。
    そう考えると、愛するために必要不可欠なのは、「相手を知ること」なのかなと、個人的には解釈しています。

  • 恋と愛の違いは助詞にあるのではないか。フロムによってその考え増強された感じがして嬉しい。

    人「に」恋する。それはあくまでも対象が外部に存在し、自分が相手に何かを与えるわけではない。〜に勝つ、〜に負ける…等の言葉に現れるように、「に」という助詞はその目的語が相対する存在になる。

    人「を」愛する。それは自分の内面・自分が持つ感情を自発的に提供することを意味する。〜を与える、〜を求める。フロムはこうした「愛」の見方を端的にまとめている。

    『愛は能動的な活動であり、受動的な感情ではない。その中に「落ちる」ものではなく「みずから踏み込む」ものである』

    つまり落ちるのが恋なのであり、みずから踏み込んでいくのが愛なのである。

  • メンヘラちゃんに読ませたら溶けそうだと思った。
    愛するってとってもハード

  • 愛されないからといって愛さないのは貧しいことなんだなあ、かといって全力でふりかざすような好意は愛ではなくて、相手に与えてもなおありあまる愛の豊かさが必要なのだな、と

    そして
    豊かな人というのはたくさんもっている人ではなく、人にたくさん与えられる人なのだと知った

  • 愛する事は全方位に対して能動的的になる事。
    あと抜粋で良かった所
    その人を知れば知ろうとすると遠ざかるばかり。知りたいために、サディズムにはしり、洗脳して思うがままに動かすようにする。
    苦しめて秘密を白状させる、人間の秘密を。白状やバラバラに暴力分解するだけではしれないが、愛を通して相手のうちに入り込めば知ることができる。
    人間は、超越への欲求がある。それは自分が創造された、生まれたとの受動的な役割から、創始者と思いたい欲求である。女性は子供を産んで愛し世話をすることがそれだが、男はできないから人工物や思想を作って超越したくなっている。
    それなら女性で人工物や思想を作る人はなに?
    さらに母性愛は巣立つから手離れするまでを望んで後押ししなければならない。

  • さおちゃんには愛があるので大丈夫!

  • 良本。いいトライ。ほぼ永遠と語り継がれるだろう、哲学本であり、絶対にたどり着けない領域の話だなぁと思いつつ、近づきたいとも思える。


    ・愛は能動的で自由な行動である。自分の人間的な力を信じ、自分の力に頼ろうという勇気を獲得しているとき、初めて、愛することができる。

    ・愛するということは、共感することとは違う。愛する者の生命と成長を積極的に理解しようとし、気にかけることである。

    そうありたい。

  • 「愛とは技術である。」

    精神的に成熟していない人間は誰かを愛することが出来ない。

  • 愛とは(愛するとは)、人間の真の欲求だった。わたしたちは、愛するということに対して、資本主義活動の影響を受けすぎている。市場価値がある人を愛すのではない、自分が愛する人を愛すのである。愛されることがいかに自分を幸福にしてくれるを考えるばかりだったが、人を愛することによる自分の幸せが真実なのだと考えさせられた。

  • 愛されたいばかりで、愛したいという気持ちが少ないから恋愛がうまくいかないのでは?という動機から読み始めました。

    結果的に、わたしは自分を愛していると思っていましたが、フロム的解釈ではそれは思い込みであり、全く愛せていなかったのだと認める結果となりました。。。残念、もう何年も自分を愛そうと努力してきたつもりなのですが...(努力が間違ってるのか、忍耐の時期なのか...。)

    はじめ、「愛は技術」という説明文にやった!練習すれば私も人を愛することができるんだ!と希望に満ちて読み進めました。が、まずは宗教の話で気持が遠のき、さらに実践方法でハードルの高さに途方にくれました。ちょっと仏教の修行に似てるような気もします。

    そして、寂しがり屋のわたしには悲しい内容でもありました。ひとりでいるのもいいけど、人といるのも幸せなんだけどな〜そんなに好んで孤独と仲良くしなきゃいけないのかしら?

  • 「愛は技術である」という挑戦的なテーゼを築城したと言われる一冊で、技術といっても安易なハウツー本ではなく、「どうあるべきか=how to be」を説く内容。

    ただ正直疑問符を感じる点も多い。端的に言えば、これは「キリスト教世界を前提に書かれた本」であり、それは聖書からの引用を多用した不安定な論展開に見られるような顕在的な部分だけでなく、母性と父性を明確に切り分ける描写や、同性愛を認めていないことであったり、著者自身古典的な宗教観やそれに紐づくジェンダー観に引っ張られすぎではと思わずにいられなかった。。

    また、社会と個人的愛の関係について論じた後半部分は正直たるかった…「いや、そうだよね。で?」って内容に終始しており、その中でどう生きるべきかを指し示すような内容もなし。

    結局言ってることは、愛されることを待つんじゃなくて、「愛されるよりも〜愛したいまじで〜」っていう気持ちが愛だよねっていう、Kinki Kids的恋愛論で、それ以上でも以下でもない本だなと思いました。

  • 名著とは思いません。色々突っ込みどころ満載で、イライラしたり吐き気を催したり「許さんぞ!」とキレたくなったりというのが私は読んでいて割とあった本でした。

    もっといい本があるような気がします。
    より正確に言うならば、この本を日本語で読むよりも、もっと日本の現状にフィットした「愛するということ」について語られた本を読んだ方がいいように思います。
    というかそもそも、日本で「愛」がどう捉えられているかを考え直すことの方が一番大事であって、こういう本は「へぇー、フロムさんとこの国の文化ではそう考えるのねー」程度に留めておけばいいように思えてなりません。

    散々なことを言いましたが、結局、
    「英語圏じゃないかつキリスト教徒じゃない自分が読んでどこまで分かる話だろうか、これ?」
    というのがこの本を読んでの正直な感想です。

    そのくらいゴリッゴリの欧米人向け、キリスト教徒向けです。だって、p.77の兄弟愛の話とかもろキリスト教の「隣人愛」の話ですよ。その意味での“brother”ですからね。「お兄ちゃんやお姉ちゃんを敬いましょうね。弟や妹には優しくしましょう大事にしましょうね」なんてことは書いてない訳です。「私のいう兄弟愛とは、あらゆる他人にたいする」(p.77)愛だと、しかもすぐ後に「「汝のごとく汝の隣人を愛せ」という聖書の句が言っているのは、この種の愛のことである」(同頁)とバッチリ書いてありますでしょうが。

    そういうイライラがある。この本には。
    まず、
    ①宗教の違いからくる実感のかけ離れ具合
    ですね。これはさっき言いました。加えて、
    ②訳語というか翻訳の問題
    もあると思います。鈴木晶さんが非常に努力して翻訳なさったということは勿論認めます。ただ、初っ端の第1章のタイトル「愛は技術か」からもうイライラします。「「技術」てアンタ……“art”でしょ?! “technique”でも“technology”でもないわけじゃないですか?!(怒)」とツッコミたい欲がムクムク湧いてしまいます。もっといい訳語ないんかと。難しいところなのは分かりますけれどね。
    ただやっぱり一番抵抗感を覚えるのは、
    ③ジェンダー観が堅苦しい、古い
    これに尽きます。まず、人と人が愛するとはどういうことなのかについて書いた本で「同性愛という逸脱は、この両極の合一の達成の失敗である。だから同性愛者は、解消されない孤立の苦しみを味わう」(p.58)とホモフォビアをかましたことを私は絶対に許しません。他の議論も、異性愛中心主義のキリスト教道徳から一歩も出ることのない典型的な愛に関する議論に終始しています。母性愛だ父性愛だ、母性原理だ父性原理だと書き立てる感じも好きになれません。

    何というか、要するに言ってることは結局、
    「愛のあるセックスが大事やで! 愛があったら一つになれるしな!」
    とか、
    「自分を愛せる人にならな、どうして人のこと愛せんの?」
    とか、
    「ワガママはあかん! 何でも欲しがりはダメ! 与えてこそ愛や!」
    とか、
    「人を愛せるようになるにはな、まず規則正しい生活をすることや! あと、しょーもない事にかまけんと、集中して自分を見つめることが大事やねん! 今を生きる事に全力集中するんやで! ほんでな、あと大事なのは人の話はちゃんと聞くこと! ええか! お前のことやで!!!……」
    とかいう話を、なるべく下世話な言葉を使わずに語っているんだなフロムさんは……程度のことしか、この本から汲み取ることは難しいんじゃないか我々日本人にとっては。そう思えてならないのです。

    本当はもっと難しい“art”について書いてある本のはずなんだけど。それこそ、人間にとっての永遠の課題と言ってもいいような。

  • 愛は技術である、と著者はいう。愛する技術を学ぶための、愛の理論と習練について書かれている。

    人格全体を発達させる努力をしなければ、愛そうとしても失敗するという。愛は、世界に対して人がどう関わるか、その方向性なのだ。

    習練の方法をかなり具体的に示している。しかし、実践はなかなか難しい。この本でも取り上げられている「汝のごとく汝の隣人を愛せ」が難しいように。

    世界がぜんたい 幸福にならないうちは
    個人の幸福は あり得ない

    という賢治の言葉に通じる考え方だと思う。

  • 文化的素地や宗教観、時代背景を由来とする議論においては多少のわかりにくさはあるものの
    全体を通して平易な言葉で書かれているので“意味を拾うだけなら”そんなに難しくはありません。でも実践しようと思うとなかなかに難しい。

    フロムも言うように
    「愛」という言葉は一瞬私たちを惑わせるというか…
    実態があやふやであるが故に
    「人を好きになったことがあるから、
     私は愛が何かもわかるし、人の愛し方も知っている」
    とどうしても思い込んでしまう。
    本当にそうだろうか?
    友達を作れば、恋をすれば、会社員になれば、親になれば、
    私たちは「愛」を知るのだろうか?
    誰にも教わらずに「愛する方法」を習得できるのだろうか?
    そんなに本能的なものなのだろうか?

    まったくもって個人的な解釈だけれども
    フロムの言う「愛」を「コミュニケーション」と捉えると
    結構合点がいきます。
    言葉を習得しました、人と会話ができました、
    ハイこれで私は人とコミュニケーションがとれました。……。
    確かに
    それもコミュニケーションの一種かもしれないけれども
    それで充分なのか?って話。

    相手の言葉を聴き
    相手のことを知り
    相手の様子を観察し
    相手を思いやりながら
    「こんにちは。元気?」
    って言葉を交わしていく。
    今、私は
    自分の言葉を使っただろうか
    自分のことを充分に知らせただろうか
    自分を偽らなかっただろうか
    そんなことも省みながら
    コミュニケーションを取る。
    簡単かもしれない。けれども
    どれだけの人がその「簡単」を実行しているだろうか。

    人付き合いが難しい、と思う場面に出くわすのなら
    それはコミュニケーションの取り方、すなわち
    「愛し方」を完璧には習得できていない、ということ。
    これに関しては、なかなか合格点を出せる人は少ないんじゃないかなぁ~~??

  • 親しい大学教員に勧められてから、ようやく読むことができた。本書は「自由からの逃走」で有名なフロムによって、タイトルの通り「愛することとは何か」ということを理論的に探究した1冊である。

    まず驚きなのは、読み始めて早々、フロムは「愛とはある日突然「落ちる」ような受動的なものではなく、能動的な技術なのである」と断言することである。これは確かに現代人の多くの認識とは異なっている。

    この前提に立った上でフロムは「愛する」ということを多面的に分析する。そもそも「愛」とはいわゆる異性に対してのそれだけではなく、兄弟、親子、ひいては隣人にまで及ぶ概念であり、これは人間が孤立したくないという最も強い欲求によって突き動かされるものであると言う。また、これは概念として思考して理解できるものではなく、あくまでも「愛の行為」によってそれを体得できるものであるとする。

    そして愛の根幹にあるものは、意志であり、決して受動的なものではない。日々の習練によって体得できるものであり、これが現在では見過ごされている真実である、と。

    また、議論は現在の資本主義社会が、いかに「愛」に対する認識をつくりあげているのか、その結果としてなぜ上記のような認識の差異が生まれるのかという部分にまで拡張される。フロム曰く、資本主義とはいわば交換のシステムであり、労働、モノ、金などの交換に慣れた現代人は、「愛」に対しても交換を求めるようになっている。つまり、本来「愛」とは、能動的な挑戦であり、自分を信じるように他人を信じるという「与える」という行為にも関わらず、現代人は「自分がこれだけしたから、相手もそれに見合うことをしてくれるはずだ」という交換の原理で理解している。確かにこれは納得感のある主張であり、このようなマクロ的視点を取り入れた考察に優れていたからこそ、フロイトの思想にウェーバーの議論を重ね合わせた、新フロイト派の代表として現代にまで読み継がれているのだろう。

    結局のところ、書物の中にも書いてある通り、「愛する」ということは人によって千差万別のものであり、個々人がそれに向き合うしかない。しかし、だからといって個別具体的なものと割り切り、盲目的に「愛」を捉える多くの人々に対して、理論的考察に基づく一種の観点を提示したのが、本書の挑戦であろう。

    確かに本書の中で議論されていることは個別具体的な事象全てに当てはまる処方箋ではないのかもしれない。しかし、まさに「行為」として愛を体得するためには、重要な一つの拠り所となるのではないか。年齢を重ねるにつれ、何度も読み返したい1冊である。

    ==========
    特に印象に残ったのは以下の文章。

    「愛は本質的には、意志にもとづいた行為であるべきだ。すなわち、自分の全人生を相手の全人生に賭けようとする決断の行為であるべきだ。(p.90)」

    「もしある人が生産的に愛することができるとしたら、その人はその人自身をも愛している。もし他人しか愛せないとしたら、その人はまったく愛することができないのである。(p.96)」

    「思考はただ、思考によって究極の答えを知ることはできない、ということを人に教えるだけだ。思考の世界は逆説に囚われたままである。結局のところ、世界を知るただ一つの方法は、思考ではなく、行為、すなわち一体感の経験である。(p.118-119)」

    「実際、集中できるということは、一人きりでじっとしていられるということであり、一人でいられるようになることは、愛することができるようになるための一つの必須条件である。もし、自分の足で立てないという理由で、誰か他人にしがみつくとしたら、その相手は命の恩人にはなりうるかもしれないが、二人の関係は愛の関係ではない。逆説的ではあるが、一人でいられる能力こそ、愛する能力の前提条件なのだ。(p.167)」

    「愛の技術の習練には、「信じる」ことの習練が必要なのである。(p.180)」

    「つまり、人は意識のうえでは愛されないことを恐れているが、ほんとうは、無意識のなかで、愛することを恐れているのである。愛するということは、なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に、全面的に自分をゆだねることである。愛とは信念の行為であり、わずかな信念しかもっていない人は、わずかしか愛することができない。(p.189-190)」

  • 年齢や経験を重ねるほどに、よく理解できる気がする。何度でも読みたい。

  • 愛する技術に、愛の経験が影響力を持つのは当然で、特に親や家庭から受けた愛の経験が一番強いのは百も承知だった。でも、この本を通してこれからのわたしが愛する経験でそれを超えられると思うことが出来た。

    再読。五年前に読んだときより、断然に理解が深い。五年の間に、愛する経験がわたしの中に積まれていったからだろうと思う。愛することが出来て、幸せだ。「必要だから愛するのではなく、愛するから必要」だと、段階が変わったことをここからも感じられて、幸せ。

  • 愛とは孤独状態からの離脱、恋に落ちるとは一過性の現象であり、それはそこに至るまでの孤独状態の強さに起因する。愛の本体はむしろ愛に留まることにあるのであってそれが難しい。愛は一過性の快感ではなく愛されることより愛することに本体がある。技術であり能力である。愛は能動的なもので自ら踏み込んで行くもの。より具体的に言えば「愛は与えること」

    人間の最大の欲求は孤立を克服し孤独の牢獄から抜け出すこと。互いに異なることを認識した上で愛し合い合一に至ること

    子が受ける愛には母性的な愛と父性的な愛がある。母性愛は無条件の愛であり、存在の肯定がある。父性愛とは条件付きの愛、教育である。母性愛によって存在が肯定され、父性愛を受けるために努力をする。これら両方が必要不可欠でこの両輪で人は成長する。これらはそれぞれの性別を単に切り分けるものではない。どちらの方が優勢である割合が大きいかということでどちらのせいであってもある程度両方持っているものである。

    兄弟愛
    他人に対する責任、配慮、尊敬、理解。私たちは一つだという意識。対等なもの同士の愛であり、助けを必要とするときに互いに助け合う精神

    異性愛
    合一への欲求と排他。フロイトは異性愛を性欲と結びつけるが、性欲と愛は重なる部分はあっても同じではない。
    性欲=あらゆる激しい感情と結びつく。
    異性愛は兄妹愛から生まれ全面的に関わり合い精神/肉体双方の合一。自分の本質を愛し相手の本質と関わる。1対1以上では到底できないために排他的になってしまう。人は人間という全体の一部でありながら一人一人は唯一無比でありだから孤独である。孤独を埋め合一を獲得すべく自分の人生全てを相手の人生に賭けようという決意を異性愛という。感情という刹那のものでなく、意思という任意のものでもなく。

    自己愛
    特定の誰かを愛するために人間全体を愛するという前提がある。自分を愛することは他人を愛することと不可分で自分を愛せない者は他人も愛せない。愛とはその相手への気遣いであり尊敬であり責任であり理解であり知ることである。人生、幸福、成長、自由を肯定することである。ナルシズムは自己愛ではない。自分を愛しきれないために愛しているように見せる行為。非利己主義は結局他人も愛せない。


    神=〇〇ではないという形でしか表現できないもの、二元論で説明のつかないもの。xはaでもあり非aでもある、という説明が成り立つ存在。

    市場原理によって愛の崩壊が起きている。物欲・効率・投資の世界が自分自身も商品化させあらゆるモノから疎外されて最大利益を求めて行動するようになる。二人の合わさった利己主義・契約という形の「愛」という協力体制は真の愛ではない。

    愛するには勇気が必要。これが一番と判断して思い切りジャンプする。何の保証もなくこちらが愛せば相手の心にも愛が生まれるという希望に身を委ねること。信念。

    • 江戸っ子さん
      誰かを愛するというのは単なる激しい感情ではない。
      それは決意であり、決断であり、約束である。
      もし愛が単なる感情にすぎないとしたら「あな...
      誰かを愛するというのは単なる激しい感情ではない。
      それは決意であり、決断であり、約束である。
      もし愛が単なる感情にすぎないとしたら「あなたを永遠に愛します」という約束は何の根拠もないことになる。-フロム

      自分も読み始めたよー
      2017/07/07
    • harukakinouchiさん
      おー!!
      これおもしろい!後半分読んだらまたちゃんと書く!
      おー!!
      これおもしろい!後半分読んだらまたちゃんと書く!
      2017/07/07
  • 愛をとことん言語化・体系化する、という立場はとても西洋的だが、かなり本質をつきつつある。
    つきつつある、と言うのは、著者というより読者側の問題で、愛にはどうしても言語化できない「イデア」があることを、まずはじめに理解しておく必要がある。そのうえで、明瞭にしておけるところは、やはり明瞭にしておいた方がいいだろう。
    「愛がわからない」という人、あるいは「愛をわかっている」という人におすすめの一冊。

全359件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

エーリッヒ・フロム (Erich From)
1900年ドイツ・フランクフルト生まれ。フロイト理論にマルクスやヴェーバーを接合して精神分析に社会的視点をもたらし、いわゆる「新フロイト派」の代表的存在とされた。また、真に人間的な生活を可能にする社会的条件を終生にわたって追求したヒューマニストとしても有名である。しだいに、禅や東洋思想へも関心を深めた。
著書に、『愛するということ』『悪について』『生きるということ』『フロイトを超えて』『希望の革命』『反抗と自由』『人生と愛』『破壊』(以上、紀伊國屋書店)ほか多数。1980年歿。

「2016年 『ワイマールからヒトラーへ〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛するということ 新訳版のその他の作品

愛するということ 新訳版 Kindle版 愛するということ 新訳版 エーリッヒ・フロム

エーリッヒ・フロムの作品

愛するということ 新訳版に関連する談話室の質問

愛するということ 新訳版を本棚に登録しているひと

ツイートする