「悪女」論

著者 :
  • 紀伊國屋書店
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314005784

作品紹介・あらすじ

新進気鋭の国文学者田中貴子は、その生成のメカニズムを解き明かすことでのイメージを解体し、という負のレッテルの下に閉じ込められてきた女たちのまことの姿を浮き上がらせようとする。本書は、についての類型的イメージを抱く多くの現代日本人への果敢な挑戦状でもあるのだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯文:”〈悪女〉は男たちの権力的な眼差しによって作られたイメージである。新進気鋭の国文学者田中貴子は、その生成のメカニズムを解き明かすことで〈悪女〉のイメージを解体し、〈悪女〉という負のレッテルの下に閉じ込められてきた女たちのまことの姿を浮き上がらせようとする。国文学に新風を巻き起こす画期的な本書は、〈悪女〉についての類型的イメージを抱く多くの現代日本人への果敢な挑戦状でもあるのだ。”

    目次:プロローグ, Ⅰ 帝という名の〈悪女〉, Ⅱ 鬼にとりつかれた〈悪女〉, 竜蛇となった〈悪女〉, 参考文献, あとがき

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九六〇年、京都生まれ。広島大学大学院博士課程修了。甲南大学文学部教授。中世国文学。著書『<悪女>論』(紀伊國屋書店)、『外法と愛法の中世』(砂子屋書房)ほか。

「2017年 『図説 百鬼夜行絵巻をよむ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中貴子の作品

ツイートする