オトメの行方―近代女性の表象と闘い

著者 :
  • 紀伊国屋書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314009515

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • OPAC→ http://libopac.josai.ac.jp/opac/opac_details/?bibid=4000004516
    図書館ではこちらの電子ブック版を購入しています。PCから読むことができ、内容の検索等も可能です。ご利用は、学内PCから城西大学図書館のOPAC(蔵書検索システム)で書名で検索→検索結果の[EBOOK]ボタンをクリック!または、図書館HP > 電子ブック > EBSCOhost eBook Collection から検索!EBOOKは他にも購入しています。詳細は、図書館HP > 電子ブック をご覧ください。

  • 【目的】

    【引用】


    【感じたこと】
    「みだれ髪」から「愛と死をみつめて」までを幅広くカバー。同性愛や下着の変化も考察する。
    正田美智子、林美智子、大島みち子の3人のミチコを取り上げる。
    延々の処女性をもつものmそれがオトメ。

    【学んだこと】

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1950年、福島県生まれ。日本民俗文化学。大阪大学名誉教授。『幻視する近代空間』『巫女の民俗学』『乙女の身体』『弔いの文化史』『出口なお・王仁三郎』など著書多数。

「2018年 『日本民俗文化学(仮) 民衆の近代とは』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川村邦光の作品

ツイートする
×