私はすでに死んでいる――ゆがんだ〈自己〉を生みだす脳

制作 : 藤井 留美 
  • 紀伊國屋書店
3.94
  • (3)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314011563

作品紹介・あらすじ

「いやいや、私の脳は死んでるんです。
精神は生きてますが、脳はもう生きてないんですよ」

「自分は死んでいる」と思いこむコタール症候群、自分の身体の一部を切断したくてたまらなくなる身体完全同一性障害(BIID)、何ごとにも感情がわかず現実感を持てない離人症――

自己感覚が損なわれる珍しい精神疾患を抱える患者やその家族をはじめとし、ドッペルゲンガーの経験者、自閉症スペクトラム障害の当事者などへのインタビュー、それらを治療・研究する精神科医や神経科学者への取材をもとに、不思議な病や現象の実相を描き出す。著者はときには違法な下肢切断手術の現場に同行したり、錯覚を起こす実験に参加してみずから体外離脱を体験しようと試みたりするなど、ユニークなアプローチで〈自己意識〉という難問に迫る。

〈私〉とは、いったい誰なのか? 神経科学の視点から〈自己〉の正体を探るポピュラーサイエンス読み物。

‟オリヴァー・サックスの著作を彷彿とさせる”――『サイエンス』誌
ニコラス・ハンフリー、マイケル・ガザニガ、フランス・ドゥ・ヴァールらも称賛!
春日武彦氏による解説を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 精神病の症例を通じて、「自己」という謎に迫る。数々の症例を読んでいるうちに、自分が「私」というものを認識できることが、奇術のように思えてくる。果たして、自分が生きて、存在している、ということをどうやって認識しているのだろう。逆に、「私は死んでいるのだ」と主張する人は、どの程度異常なのだろうかと考えてしまう。
    今まで、自己というのは揺らぎようのない確固たるものだと思いなしてきたかもしれない。それが、実はそんなに堅牢なものではないということがわかると、とても不安になる。
    脳の機能は、詳細がわかっているわけではなく、まだ謎だらけのようだが、脳の中で自己が形成されているのはほぼ間違いないだろう。しかし、脳の中に、まさに「自己」という部分があったり、脳そのものが自己であったりするわけではない。それは様々なものから組み立てられる、実体のないものなのだろう。

  • 自己と他者の境目が曖昧になる様々な症状について、きちんと言語化して読者に理解できる形にした、ということをまず感謝したい。下手をすれば「意味不明」と捨てられてしまいそうな症状、現象も当事者の証言からきちんと拾い、実験と仮説と残っている問題点まで書かれている。客観に徹している見方や表現に好感が持てた。

    今意識している自己は意外とあやふやで、脳の機能のどこかがうまくいかないと身体と自己感覚はすぐ離れてしまう。たまたまうまく繋がっているだけかもしれない。

    筆者の「最後に」は情報が整理されている。ここから読んで、読み終えてまた読んでもよいと思った。それに対して日本の精神科医による「解説」はどこか他人事のように見えて、ちょっとがっかりした。本文が客観を貫いているのに解説で主観と偏見が混じり、面倒くさそうな印象。患者になったとき主訴をこんなふうに捉えられていたらたぶんつらい。

  • 興味深い内容だった。
    認知症やてんかん、自閉症といった名前は聞いた事のある症例もあるが、驚いたのは自分の脳は死んでいると主張する「コタール症候群」や、自分に付いている手や足が自分のものではないと思い混み、それらを切り落とそうとする「身体完全同一性障害」など聞いた事のない病気。
    その症例はその病気を知らない者にとっては、もう異常としか思えないかもしれない。しかし、身体完全同一性障害の彼らは、実際に切断手術を(闇医者によって)施し、やっと自分が完全な存在になったと満足する。

    どの病気も脳に問題がある場合が多く、腫瘍などを取り除き治る患者もいるが、やはり認知症や自閉症など完治しない病気もまだまだ多い。

    いずれにせよ、そのような症状に悩んでいる患者は多く存在するし、私たちもいつ発症するかは分からない。
    この様な病気の存在を知ることが必要なのかもしれない。

  • 自分は既に死亡していると言い出す人がいる。例えば精神は生きているが、脳は既に死亡していると。コタール症候群と呼ばれる症状で、別にふざけているわけではなく、実際に代謝が極端に低下したりするケースもあるそうだ。
    また、身体完全同一性障害というものは、自分の身体の一部、例えば右足が自分のものと思えないという症状だ。異物を身につけて暮らさなければならないというストレスに悩まされて、その足を切断してしまいたいと欲する。これも本人が錯覚しているわけではなく、実際に異物と感じている足と、そうでない自分の足に対する脳の反応が異なるのだ。そして、その異物である足を手術によって切断すると、一気にストレスから解放される。
    この本の中では他にもアルツハイマーや、自閉症、体外離脱、自己像幻視(ドッペルゲンガー)なども取り上げて、それらを「自己」とは何か、何が自己というものを生み出しているのかという観点の研究をベースに読み解こうとする。
    自分の右手を動かす時、それを自分の右手だと認識できるプロセスは?実はそれは生来的に身についているものではなくて、右手を動かすという脳の指示と、右手が動いているところを目で見るという視覚の双方が合わさって生まれている。この感覚がうまく連携できなくなった時、その右手を自分の手だと認識できなくなったり、果ては自分の身体を第三者的な視線で見つめたりするようになるのだ。

    著者が最後に述べているが、肉体と精神が一致しているというのは当たり前ではなく、精神の病い、肉体の病という二分法も正しくない。精神も所詮は脳の働きであり、脳の働きの不調はまだ研究がこれからで、解明されていないところが多いだけで、他の身体の不調と何ら変わらないという事がわかってくる。とても興味深い。

  • 精神と肉体、特に脳機能との関わりを語る。

    うーん。

    面白い人にはものすごく面白いと思う。
    自分の体の一部が自分のものではないという違和感に苛まれ、あえてそれを切り取ってやっと一体感が得られるとか、いろんな衝撃的なエピソードをちりばめて展開する。

    俺くらいの興味感なら、半分くらいの量で良かったかな。ちょっと読み続けるのが面倒臭い感じがした。

  • コタール症候群、認知症、身体完全同一性障害(BIID)、統合失調症、離人症、自閉症スペクトラム、自己像幻視、恍惚てんかん。

    コタール症候群と身体完全同一性障害。読んでいて一番つらい症状だと思った。統合失調症、離人症、自閉症スペクトラム、認知症、てんかんは関わったことがあったり身近にいたり、自身がなったりしているので、すんなり読めた。認知症は介護している時に読みたかった…。
    読んでみて「自己」という存在をますます不思議だと感じるようになった。たぶんきっと永遠にわからないと思うし、解明されない方がいいような気もする。

    不思議なことにそれそれ病名は違うけど、どの疾患も近さを感じる。「自己」に関わる脳の部分はある程度解明されているようだ。色々なことが書かれていて頭の中で整理しきれないけど、読み応えあり。読むのにおそろしく時間がかかった…。次は『触れることの科学』を読むこと。


    ナラティブ・セルフ⇒自分がどういう人間かを他者や自分自身に語るストーリーのこと。このナラティブ・セルフが出来上がるのが思春期から青年期初期にかけて。自分への信頼と自己概念が培われる極めて重要な時期。(72ページあたり)

    自己とは脳と身体の複雑な相互作用によるもたらされる産物。
    自分が自分でいられるのは記憶のおかげ。

    離人症は自分と自分の身体の一体感がない(薄い)状態なので、マッサージがよいらしい。(169、170ページあたり)それはたぶん自閉症スペクトラムの子たちにも有効。脳神経の方を刺激するのは難しい。服薬はある意味神経を抑えることにもなる。身体の方からアプローチして脳を鍛える。脳と身体と一体化していると実感するために、まずは自分の身体を実感させることが大事らしい。

    ごっこ遊びは「認知そのものを理解する能力の芽ばえ」(211ページ)
    他者の心を知ることが自分の心を知ることになる。
    心の理論と誤信念。
    他者の心を読む能力と自分が過去に思っていたことを認識できる力があるか。
    新規の情報を理解する時、既存の知識を結び付けて活用できるか。(脳の予測機能の問題)

  • 知りたいことが書いてあった。
    BIIDが切断者の写真を収集する。

  • 請求記号 141.93/A 46

  • 自分の肉体の一部が「自分のものではない」と感じられ、手術をしてでも切り離したくて仕方のない人たち…まったくもって理解不能だけれど、性同一性障害のようなもので、なおかつ拒食症と同様ボディイメージに障害があるのだと解説されると納得できる。
    ドッペルゲンガーが脳の障害によるものだというのもビックリ。
    いろいろ目からウロコが落ちた。

  • 精神疾患などの「自己がむしばまれる病」を通じて,どうやって自分は自分の体を自分のものであると感じているのかを明らかにしていきます.

    こうした感覚と脳の特定の部分が関連している可能性を指摘した後で,脳,身体,精神はつながったひとつの連続体で,デカルトの二元論では説明できないというのが結論でしょうか.

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【著者】 アニル・アナンサスワーミー (Anil Ananthaswamy)
インド系アメリカ人の科学ジャーナリスト。英『ニューサイエンティスト』誌の編集コンサルタントを務める。邦訳された著書『宇宙を解く壮大な10の実験』(河出書房新社)は英国物理学会『フィジクスワールド』誌で「2010の本」の第1位に選ばれた。

「2018年 『私はすでに死んでいる――ゆがんだ〈自己〉を生みだす脳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アニル・アナンサスワーミーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
村田 沙耶香
ニック・レーン
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

私はすでに死んでいる――ゆがんだ〈自己〉を生みだす脳を本棚に登録しているひと

ツイートする