腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか

制作 : 高橋 洋 
  • 紀伊國屋書店
3.59
  • (4)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 183
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314011570

作品紹介・あらすじ

悩みで胃が痛い
大事なプレゼンの前にトイレに行きたくなる
腑に落ちない
――誰しもが身に覚えのあるこれらの感覚、ここには、
体内で休まず交されている「見えない会話」が関わっていた。

ヒトゲノム計画からヒトマイクロバイオーム計画に移行した現代、
生命科学のトレンドとして注目を集めているのは「腸」。

腸管神経系(ENS)は「第二の脳」とも呼ばれ、
5000万~1億もの神経細胞から構成されており、
このENSと脳が常時やり取りしている厖大な情報が、
心身の健康維持にきわめて重要な役割を果たしている。

腸内マイクロバイオームの異変は、慢性疼痛、過敏性腸症候群(IBS)、
うつ病、不安障害、自閉症スペクトラム障害や、
パーキンソン病などの神経変性疾患に結びつく可能性がある。

脳-腸-腸内細菌の情報ネットワークの緊密さと重要性、
諸疾患と腸内細菌の関係、情動と内臓感覚、
健康な身体を維持するために実践したい食習慣などについて、
脳と腸のつながりの研究における第一人者が、わかりやすく解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近の研究成果と著者の経験談が沢山書いてある本ですが、かなり冗長な作りで5分の1ぐらいに短縮して欲しいと切に願いました。あと、エビデンスなしの予想、 観測の少ない経験談、因果関係と相関関係を無視した意見が多く、扇情的な意見が他見されました。そういった、ただの私見やロジックの矛盾と観測された事象・事実を読み分けられる読者であれば読んでも良いかと思います。

    参考になる経験談も幾らか含まれていたので、流し読みで情報を手に入れるという意味では、biologyの知識を有する人に対しては意味があると思います。

    結論の部分が結局のところ、食と精神を健全に、という普通の結論なので(仕方ないですが)、一般の読者であれば300pのこの書籍を読む必要はないです。

  • 脳と腸は密接に会話しているらしい!昔からストレスがあると胃腸が痛むと言われていたが、それを科学的に証明したのだ。脳から腸へ、そして驚くことに腸から脳へも話しかけているのだ。
    アメリカ的日常食が腸を弱らせので、地中海式食事を推薦しているのは、著者がドイツ人だからだ。日本人なら日本食を推薦するはずだ。

  • 整理しながら読み進めていたが、最後にまとまっていた。

    ・自然で有機的なマイクロバイオームを育成する
    ・動物性脂肪を控える
    ・腸内微生物のたようせいを最大化する
    ・大量生産された食品や加工食品は避け、なるべく有機栽培で育てられたものを食べる
    ・発酵食品やプロバイオティクスを摂取する
    ・妊娠時には特に栄養とストレスに留意する
    ・食べ過ぎない
    ・断食をして腸内微生物を飢えさせる
    ・ストレスフルなとき、怒っているとき、悲しいときは食べるのを控える
    ・皆で食事を楽しむ

  • p192

  •  「内臓感覚」など過去、腸と脳の関係、腸が健康に果たす役割などに関する本を読んできた。その今のところの集大成と言える本。
     腸内細菌(マイクロバイオーム)の重要性を訴える。
     
     腸の不調が原因で病気が引き起こされるのではないかという例が冒頭いくつか紹介される。うつ病や過敏な胃腸など通常の投薬では治りにくいものも腸内細菌を整えること、腸内細菌にとって良い生活習慣、食習慣を身に着けることで改善の余地がでてくる、と。

     改善の理由を探るうち、腸内細菌が神経伝達物質を介して脳に直接メッセージを送っていることが分かってきた。

     腸内が無菌状態の赤ん坊はまず母乳のみを摂取することで腸内細菌を整え始め、理由が終わるころ、2歳半ころには腸内細菌が整う。この時の腸内細菌の構成は一生変わることがなく、成長後、ヴィーガンになっても腸内細菌の構成は変わらない。

     自然に近い環境で暮らしているヤマノミ族などの部族の食生活は植物性の炭水化物が主で魚を食べ、たまに動物の赤身肉を食べる。このような食生活をしている部族の腸内細菌は地域に関係なく、似通っている。ヤマノミ族の新生児はもちろん母乳で育つが生まれてすぐにジャングルの中のいろいろな細菌に晒されることで良好な腸内細菌バランスを得る。

  • 腸と脳が密接につながっていることを記した本。

    腸内環境・腸内微生物の多様性が疾患系とも相関をもたらしているという話

    未だ実証されていない要素も多種含まれるが、仮説としておもしろい。

  • 脳と腸、そして腸内環境がいかに密接に相関しているかという点に絞って書かれている。

    ■プラス
    胃腸病学者自身が書いているだけあって、実験内容や患者の経過やその生物学的仕組みについて詳細に書かれている。もっと基礎知識を学んできちんと理解したいという欲を掻き立てる。

    ■マイナス
    翻訳の問題か全体的に少し冗長だったり、いきなり聞きなれない化学物質の名前が出てきたりと、ちょっと取っ付きにくい感はある。また、まだよくわかっていない事も多いため、「今後これが証明されるだろう」のような論述も多々あり、科学的事実では無く著者の私見も多く見られる

  • だいたい知ってる内容だったけど、やはり腸を大事にしなければ。プロバイオティクスは重要!

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【著者】エムラン・メイヤー (Emeran Mayer)
ドイツ出身の胃腸病学者。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授。
脳と腸の関係および慢性的腹痛研究の第一人者として知られる。
その研究は長年にわたり、米国国立衛生研究所(NIH)の支援を受けている。

「2018年 『腸と脳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するかのその他の作品

エムラン・メイヤーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
ヴィクトール・E...
ジョー・マーチャ...
フィル・ナイト
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するかを本棚に登録しているひと

ツイートする