野の古典

著者 :
  • 紀伊國屋書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314011808

作品紹介・あらすじ

古典は骨董品ではなく、日常使いの器なのだ。使ってナンボ。その使いかた、楽しみかた、味わいかたが、本書にはたっぷり盛られている。安田節というユーモアとエロスのダシを効かせて。――俵万智(歌人)

古典には立派なことばかり書いてあるわけではない。底無しの煩悩、醜い邪心、制御不能な愛欲、えげつない話――教科書には載らない部分こそ、 人間の真の姿を映し出してくれる。『古事記』『万葉集』から『南総里見八犬伝』『武士道』まで、能楽界の奇才が縦横無尽に語る。

NHK「100分 de 名著 平家物語」講師で好評を博した安田登の最新刊
★装画=しりあがり寿 ★ブックデザイン=佐藤亜沙美(サトウサンカイ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

【著者】安田 登(やすだ・のぼる)
1956年生まれ。下掛宝生流ワキ方能楽師。国内外で能楽師として活躍しながら、能のメソッドを使った作品の創作・演出・出演などに精力的に取り組んでいる。日本と中国の古典を《身体感覚》で読むことをテーマに、東京・京都・熊本での社会人向け寺子屋を主宰。執筆・講演のほかに、理化学研究所のAIと文化の研究チームにも携わるなど、多方面の活躍で注目されている。著書に、『役に立つ古典(学びのきほん)』(NHK出版)、『すごい論語』『あわいの力』(以上、ミシマ社)、『能――650年続いた仕掛けとは』(新潮新書)、『身体感覚で『論語』を読みなおす。』『身体感覚で「芭蕉」を読みなおす。』(以上、春秋社)、『日本人の身体』(ちくま新書)、『身体能力を高める「和の所作」(ちくま文庫)、『体と心がラクになる「和」のウォーキング』(祥伝社黄金文庫)ほか多数。

「2020年 『野の古典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安田登の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
伊坂 幸太郎
ディーリア・オー...
グレイソン・ペリ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×