“魔法の数"虚数 (ニュートン別冊)

  • ニュートンプレス (2015年9月28日発売)
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784315520262

“魔法の数"虚数 (ニュートン別冊)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校数学を絵を凝って書いただけ

  • ・結局、「数」というものはすべて、自然界にそのまま実在するものではなく、自然界を記述するために人間が頭の中につくった「モデル」あるいは「概念」だと言えるでしょう。
    ・その意味で数は一種の「言語」であるといえます。
    そして、物理学とは、「自然界にあらわれる法則を、数学という言語を使って描写する営みである」ということができます。
    ・20世紀に入り、人類は、複素数という言語によって、より自然に、かつ簡潔に描写できる自然界のルールに出会いました。
    それが、ミクロの世界を支配する量子力学です。
    ・こう考えると、虚数と実際の世界との関わりが、偶然ではなく、必然だったと思えてくるのではないでしょうか。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

“魔法の数"虚数 (ニュートン別冊)はこんな本です

ツイートする