物理学最前線〈21〉

制作 : 大槻義彦 
  • 共立出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784320032538

作品紹介・あらすじ

空間的に集中した領域で流体の塊が自転しているような流れを渦というが、この渦の挙動を竜巻その他の身近な例から説き起こし、最近の成果までを解説する。(「渦糸の理論」)。フェルミオン多体系をボソン多体系として記述するボソン展開法の中で、ダイソン型がいかに優れているかを詳述し、その応用法や最近の理論の発展にも言及する。(「ダイソン型ボソン展開法」)。スピングラスの性質を、特にゲージ理論を中心に解説するとともに、最近注目を浴びている神経回路網や最適化問題へのスピングラスの応用についても言及する。(「スピングラスのゲージ理論」)。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

高木 隆司
社会保険労務士法人 年金相談サービス代表。
社会保険労務士、1級FP技能士、1級DCプランナー。
日本法令での著書に、『パターン別 繰上げ・繰下げ徹底解説』
『図解でわかる! 年金分割』『年金受給 生年月日別完全ガイド』がある。
「ビジネスガイド」「年金相談」への寄稿実績多数。
社労士会・金融機関・労働組合など各種団体のセミナー・研修講師としても活躍。
一元化の第一人者としても知られる。

「2019年 『法本則・附則からひもとく 超解 年金法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高木隆司の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×