射影幾何学の考え方 (数学のかんどころ 19)

著者 : 西山享
制作 : 飯高 茂  中村 滋  岡部 恒治  桑田 孝泰 
  • 共立出版 (2013年11月9日発売)
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784320110618

作品紹介・あらすじ

本書は,おもに平面上の射影幾何学とその考え方について解説する。
 射影を通して幾何学はどう“見える”のか。おそらく,定理そのものはよく知っていても,射影という思考を通して見える幾何学の景色はまったく異なったものになるに違いない。本書を読み進めるうちに,よく知っている定理の別の側面が見えてくるはずであるし,一つの既知の定理から多数の道の定理群が自然と浮かんでくるだろう。

射影幾何学の考え方 (数学のかんどころ 19)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 和図書 414.4/N87
    資料ID 2013103787

全1件中 1 - 1件を表示

西山享の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

射影幾何学の考え方 (数学のかんどころ 19)はこんな本です

ツイートする