恐怖の王国 (世界こわい話ふしぎな話傑作集 (6 アメリカ編))

制作 : 井江 栄  Ambrose Bierce  岡本 浜江 
  • 金の星社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323006567

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 風刺作家アンブローズ・ビアスの短編から、幽霊譚・人間の恐怖への心理を扱った「恐怖の王国」「シロップのつぼ」「小さな浮浪者」「右足の中指」「幻想の世界」「悪魔の辞典」を収録。
    シニシズムたっぷりのビアスの文章を、児童向けにこうもやさしく品をもって訳すとは!
    少し読み進めて思わず興奮してしまった。しかも全訳。(悪魔の辞典のみ抜粋)
    どの作品も派手な事件は起こらず、幽霊譚にいたってはベタ中のベタと言える内容でありながら、翻訳のよさ、また筋運びのよさで引きこまれる。特にいわくつきの屋敷で行われた決闘の結末を描く「右足の中指」と手品を心得た怪しげな博士の「幻想の世界」がいい。
    訳者によるあとがきがこれまた気高い。児童が理解しやすいよう気を配って語りかけつつも、必要以上に子ども扱いしておらず、大変好感を持った。児童向けにビアスとは随分攻めたチョイスだけれど、この訳で初めてビアスに触れる児童は幸せだ。(カズハ)

全1件中 1 - 1件を表示

アンブローズ・ビアスの作品

恐怖の王国 (世界こわい話ふしぎな話傑作集 (6 アメリカ編))を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする