おまかせコックさん

著者 :
  • 金の星社
3.81
  • (16)
  • (16)
  • (25)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 242
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323013725

作品紹介・あらすじ

ぼくたちげんきなコックさん。おいしいものならおまかせおまかせ。りんごをむいてバナナをきってたまごはゆでて…。さあ、みんなならなにつくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 年中さん

  • 2歳7ヶ月の娘へ。
    とても楽しんで聞いてくれます。

  • 特大サイズのサンドイッチ!!

  • ナイフ(包丁)のバランスが悪すぎてヒヤヒヤ。絶対一人じゃ扱えないだろう、下手したら死ぬんじゃないか、と余計な妄想。サンドイッチになるんだけど、パンにそのままバナナやりんご挟むのはどうなの・・・と思っていたら、お客さんが怪獣だった。そりゃもう、そのままどうぞ。(2歳9ヶ月)

  • ●おはなし会にて。
    ●小さなコックさん達が協力しておいしい料理を作るよ。食べるのは誰かな?

  • 小さいコックさんが協力して料理をする様子がかわいらしいです。

  • おままごとにハマってる2歳2ヶ月の息子に。
    出来上がった朝食を家族みんなで食べるほのぼの展開かと思いきや、意外な腹ペコのお客さんが…。道理でパンがビッグサイズなはずだw
    息子もつられて「パクっモグモグ」していたサンドイッチはボリュームたっぷりで美味しそうだけど、りんごとバナナは別のパンに挟んだほうがいいんじゃないかと親はつい余計な心配w

  • おおきなサンドイッチをみんなでつくる。C8793

  • 絵が綺麗でとにかく楽しそう〜‼️

  • 図書館で借りて読み。
    最後に食べるのは怪獣だという。
    ボリュームたっぷりでサンドイッチ、おいしそう。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

竹下文子(たけした ふみこ)
1957年、福岡県生まれ。東京学芸大学で幼児教育を学び、在学中に童話集『星とトランペット』でデビュー。1995年に「黒ねこサンゴロウ」シリーズで、路傍の石幼少年文学賞を受賞。主な作品に『ちいさなおはなしやさんのおはなし』、『スプーン王子のぼうけん』、『ピン・ポン・バス』など多数。翻訳に『どうやって作るの? パンから電気まで』など。静岡県在住。

「2019年 『まじょのむすめワンナ・ビー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹下文子の作品

おまかせコックさんを本棚に登録しているひと

ツイートする