なつですよ (四季のえほん)

著者 :
  • 金の星社
3.86
  • (9)
  • (10)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 127
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323031125

作品紹介・あらすじ

なつがきました。やまにも、うみにも、たんぼにも…いろんなところになつがきました。みんなどんなようすかな?季節の恵みを発見する絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2y5m
    夏に合わせてみたけれど、残念あまり興味なし

  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00412033

    うれしいなつがやってきました。山にも、海にも、田んぼにも、季節の恵みはいろんなところにもたらされます。「こんにちはなつですよ」(出版社HPより)

  • 良かった

  • 『○○ですよ』のシリーズ絵本。夏。テンポがよく、夏を感じられる1冊。

  • 低学年

  • 3歳2ヵ月
    いろんな夏シーンを切り取った絵本。
    息子は表紙を見て
    かぶとむしの物語だと思って持ってきたみたい。

  • 絵が生き生きしていていい。

  • H24年6月 4-1

  • 夏を感じる…ザリガニであったり、七夕であったり、プールであったり…

  • S太朗5歳0カ月で読んだ本。「こんにちは、なつですよ!」でほとんどのページが始まる。夏らしい風景を紹介しています。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

京都府出身。1980年東京大学農学部林学科卒。科学修士(カリフォルニア大学バークレー校)。農学博士(東京大学)。農林水産省林野庁、文部科学省研究開発局、国連食糧農業機関(FAO)などの勤務を経て、現在は上智大学教授。大学院地球環境学研究科委員長などを歴任。アメリカフォーレスターズ協会会員。専門は国際環境資源管理政策。主要著書に「エコ・フォレスティング」(日本林業調査会)など。最近は、主としてPES(生態系サービスへの支払い)に関する国内外の研究に関わっている。

「2019年 『環境にお金を払う仕組み』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田晋吾の作品

ツイートする
×