おやゆびひめ (いもとようこ世界の名作絵本)

  • 金の星社
3.52
  • (7)
  • (5)
  • (12)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 113
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323036052

作品紹介・あらすじ

お花の中に小さな女の子がちょこんとすわっていました。おやゆびほどの小さな子なので、「おやゆびひめ」となづけられました。誰もが知っているアンデルセンの名作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020.1

  • メジャーな童話にそろそろ触れさせていきたいと思って図書館で借りた。お花、可愛い女の子。食いついた。 1ヶ月後また借りる!と自ら手に取っていた。

  • チューリップの中にポツンといたちいさな女の子。おやゆびくらいのちいさな子だったため、おやゆびひめと名づけられました。モグラなどさまざまな敵に行く手を阻まれてもけして諦めることなく、自分の生きる道を探しました。その結果最後に待ち受けていたのは、夢に満ち溢れた結末でした。
    19K004

  • 想像していたより、カエルやもぐらに、いやらしさがあまり無かった。
    いもとようこさんのおかげで、ほんわか。
    文章も分かりやすく、すべて平仮名なので、小さい人が一人で読むのにもよいかと思う。

  • 娘がこの可愛いお姫様の絵を見て選んできました♫ いもとうようこさんはやっぱりいいなぁ☆

  • 5歳の娘の感想は「どうして、お家に帰らないの?」 素敵な王子さまより、お母さんがいる家がいいじゃない、ということらしい。

  • 同名本複数あり確認466

  • *未購入*
    2歳9ヶ月時、図書館にて借。

    挿絵がかわいい!と娘が持ってきた。
    おやゆびひめって、たださらわれて助けられて・・の繰り返しで、なんだかなぁ。

  • いもとようこさんの絵素敵です

  • アンデルセンの名作ですが、とっても可愛い絵なので私が気に入りました。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。ボローニャ国際児童図書展エルバ賞、グラフィック賞を3年連続受賞。作品に『いとしの犬 ハチ』(講談社)、『花のかみかざり』(岩崎書店)、『スーフと白い馬』『あいうえおのえほん』(金の星社)、『ほたるとばらの花』(ひかりのくに)など多数。

「2020年 『どうしてしっぽがないの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いもとようこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
A.トルストイ
エリック カール
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×