ながぐつをはいたねこ (いもとようこ世界の名作絵本)

  • 金の星社
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323036250

作品紹介・あらすじ

「きっと、わたしをもらってよかったと思う日がきますから」男の子がお父さんからもらったのは、ねこ1ぴきだけでした。とっても頭のいいねこが、大かつやくする楽しいお話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [江戸川区図書館]

    ながぐつをはいたねこもまだ分かっていないかなーと思ったけれど、知ってるよと言いながら寝る前に読んでいた。そしたら、「まおうって何?」うーん、ひらがなだから意味が通じなかったのか、そもそもまだ知らないのか。いずれにせよまた知識が一つ増えて良かったね。

    今回改めてこの話を読んで、そういえば「シャルル・ペロー」の名前を知らなかったことに思い至った。ブクログで引っ張ると、「赤ずきん」と「いばら姫」まではよかったが、「シンデレラ」まで出てくる。

    …さすがにそこまで有名なお話の作者だったら知らなかったはずはないだろう、と検索していてシャルルの功績について知った。グリム童話のお話はグリム兄弟のものとして名を馳せたが、それ以前にシャルルも童謡に古い言い伝えなど口伝の昔話集を出版していて、その中に、本著や上記三話、加えて「青ひげ」も入っていたらしい。もっとも「赤ずきん」はグリム童話にも入っているし、「がちょうおばさん」は「マザー・グース」と一致しているらしいし、このお話に対して覚えておけばいいのかな。

  • お父さんが読んでくれたね

  • ながぐつをはいたねこが、「これはカラバこうしゃくのものです」となんどもいうところがおもしろかった。

  • ライオンがでてきたときがこわかった。(4さい)

  • 2016.08 4-3

全6件中 1 - 6件を表示

シャルルペローの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
tupera t...
ヨシタケ シンス...
酒井 駒子
A.トルストイ
かがくい ひろし
エリック カール
ヨシタケシンスケ
トミー=アンゲラ...
エリック=カール
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×