こりすのはつなめ (大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本)

著者 :
  • 金の星社
3.41
  • (2)
  • (7)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323038810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こぐま、こりす、ぶどうを潰して汁をつける、キャラメル、冬の間

    クマの手のひらっておいしいのかな。

  • はつなめって何?から始まりました。
    幼い人達は大喜びでしたよ!

  • 2016.05 2-3

  • 2年3組 2011/9/6

  • こぐまは、秋になると冬眠にそなえて、色々な食材を手にすりつけて冬眠明けにそなえるという習慣を初めて知りました。
    それは、色々な食材が混ざっているのでとても神秘的な話にも思えます。
    それはこりすにとっても魅力的な話しなのです。どんな味がするか?知りたいところです。

  • 202冊目。かわいいーかわいいー。

  • 娘の反応がイマイチだったが、
    私はとても面白かった。あったかい気持ちになった。

  • クマとこりすのお話です。
    クマが冬越えのための楽しみ方をコッソリ教えてもらい、冬クマのところに遊びに行きますが・・・。

    とにかく優しい気持ちになれる絵本です。
    そして子どもに冬、動物は冬眠するということを教えてあげることができます。

  • いもとようこさんのやさしい絵です、お話もとってもほんわかとしていて
    心が温かくなる絵本でした。

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/432303881X/ieiriblog-22" target="_blank">こりすのはつなめ</a></div><div class="booklog-pub">浜田 広介, いもと ようこ / 金の星社(2005/03)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:310,306位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/0.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/432303881X/ieiriblog-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/chocochip/asin/432303881X" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

浜田広介(はまだ ひろすけ)
1893年5月25日 - 1973年11月17日
山形県東置賜郡高畠町生まれの童話作家。濱田廣介という旧字体表記もなされる。本名は廣助。日本児童文芸家協会初代理事長。代表作に『泣いた赤鬼』『椋鳥の夢』『竜の目の涙』など。
何作かの小説を記したのち、童話へとシフト。しばらくは兼業作家だったが、関東大震災をきっかけに退社し、作家に専念する。1940年日本文化協会児童文化賞、1942年野間文芸奨励賞、1953年芸術選奨文部大臣賞、1957年と1961年に産経児童出版文化賞をそれぞれ受賞。
1989年、本人にちなみ山形県に浜田広介記念館が誕生。1990年「ひろすけ童話賞」「ひろすけ童話感想文・感想画全国コンクール」を町や日本児童文芸家協会などと共に創設している。

浜田広介の作品

ツイートする
×