つみき (はじめての絵本たいむ)

  • 金の星社
3.85
  • (42)
  • (47)
  • (46)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 558
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323039039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • そんなに内容はないけれど3歳の娘の音読のために
    小さい「っ」が難しかった

  • 気に入ってた
    もう一度借りたい

  • 0歳8ヶ月
    まだ少し難しいかな?
    ひとつ、ふたつ…とお まで積むので、もう少し大きくなれば数えの練習になるかなと思う。
    わからなくても、てんとう虫が来たり、つみきが揺れてくずれたり、本を動かしながら何度か読むうちに少し好きになったみたいでした。

  • 積み木が段々と積み上がって最後には‥ガシャーン!!
    積み木って壊すものだよね笑
    積み木がつみあがってきく様子を
    上に開くという変わった読み方で再現。
    面白いけど、絵本を読み始めた我が子には開き方が慣れないらしく、全然読んで読んでとはせがまれない。
    もう少し大きくなってからかな‥?

  • 10ヵ月

    積み木を重ねていく絵本。
    やや難しかったかもしれない。
    もう少し大きくなったら読んでみたい。

  • ●読み聞かせ。
    ●つみきを上手に積めるかな?

  • 11ヶ月。あまり集中できない模様。

  • 1歳の子どもに読みましたが、反応はいまいち。
    親としては数も教えられるし、絵も内容も悪くないと思うのですが、うちの子にはあまりピンとこなかったようです。
    少し早かったのかな?少し時間を置いてから、また読んであげたいと思います。

  • 1歳、ゆら、ゆらゆら…で一緒に体をゆらゆらする。身近にある玩具でわかりやすいストーリーなので、息子も内容を理解しているなと感じられた一冊。

  • つみきの表情が楽しい。
    オチも可愛い。

全55件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年生まれ。シンガーソング絵本ライター。保育士として5年間の保育園勤務ののち、バンド「トラや帽子店」リーダーとして活躍。1995年『さつまのおいも』(童心社)で絵本デビュー。歌に『にじ』『みんなともだち』『世界中のこどもたちが』ほか。作品に、自叙伝『中川ひろたかグラフィティ』(旬報社)、詩集『あいうえおのうた』(のら書店)、絵本『ともだちになろうよ』(アリス館)、幼年童話『おでんおんせんにいく』「おとのさま」シリーズ(共に佼成出版社)ほか多数。

「2020年 『おとのさま、まほうつかいになる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川ひろたかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
前川 かずお
にしまき かやこ
三浦 太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

つみき (はじめての絵本たいむ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×