犬たちをおくる日: この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (フォア文庫)

著者 :
  • 金の星社
4.67
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323091068

作品紹介・あらすじ

愛媛県動物愛護センターで、獣医師の資格を持ちながらも犬たちの殺処分に関わらねばならない職員。その葛藤の中で一頭でも多くの命を救うために奮闘する職員の日常を追いながら、命の重さを問う感動ノンフィクション。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

児童文学作家
公益財団法人 日本動物愛護協会理事
著書『ドッグ・シェルター』(金の星社)で、第36回日本児童文学者協会新人賞を受賞。執筆の傍ら、愛犬・未来をテーマに小・中学校を中心に『命の授業』を展開。その数2018年に240校を超える。
主な著書:捨て犬・未来シリーズ(岩崎書店)『犬たちをおくる日』(金の星社)、『子ねこリレー大作戦』『命のものさし』(合同出版)など多数。
児童文学者協会会員 

「2021年 『命の境界線』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今西乃子の作品

犬たちをおくる日: この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (フォア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×