どこにもないまちをつくる―いつでも、どこでも、誰でもできる市民参加型地域再生(活性化)プログラム付

著者 :
  • ぎょうせい
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784324078020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本地図を大陸側から見て発想の転換をするとか、津軽は昔は中心地だったとか、十三湊に凄い歴史的な繁栄の跡があるなど、エキサイティングな話がいっぱい。敗北という言葉の意味は、負けたら北へ帰るという故郷への回帰というのも面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

「男はつらいよ」「切腹」などを担当した映像プロデューサー。著書に『河童アジア考』『妖怪都市計画論』(彩流社)などがある。

「2003年 『砂かけ武蔵 異聞 巌流島の決闘』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤次男の作品

どこにもないまちをつくる―いつでも、どこでも、誰でもできる市民参加型地域再生(活性化)プログラム付を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする