悪への自由: カント倫理学の深層文法

著者 : 中島義道
  • 勁草書房 (2011年10月14日発売)
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326154197

作品紹介・あらすじ

カント倫理学の核心を抉る、哲学者・中島義道の真骨頂。

悪への自由: カント倫理学の深層文法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  カント倫理学を支える信念。自他の自己愛の醜さに、私は鳥肌が立ってしかたがない。いわゆる善い行為には影のようにぴったりと自己愛が張りついている。カントは自己愛を嫌悪した。不思議なことに、人は真実を尊重するためあらゆる幸福を投げうつことがある。これを説明する源泉として理性が導入された。傲慢で自惚れな自己愛を、それによって粉砕するために。

  • 『カントの法論』などでも示されてきた、カントの倫理学は外形的に適法的な行為が果たして道徳法則に単に適っているだけか、それとも道徳法則に対する「尊敬」からなされたのかを批判的に吟味するものであるという解釈の図式を著者はこの著作でも維持している。それとともに、超越論的自由の次元においては、その意志がないにも関わらず悪をなしてしまう「悪への自由」を人間は有しており、それがカントの倫理学を支える根幹になっていると主張する。さらには、カントの倫理学を単なる「形式主義」とみなす動向にも批判を加えており、カントは自然法論の価値観やいわば「誠実性の原理」を密輸入しているのであると主張する(この点については「カントの法論」付録でも示唆されていた)。カント倫理学の批判対象が、外形的には善人でありながら実は「幸福の原理」を動機として行動する道徳的には全く善人ではない小市民に向けられていることを了解させてくれる好著である。

全2件中 1 - 2件を表示

中島義道の作品

悪への自由: カント倫理学の深層文法はこんな本です

ツイートする