食農倫理学の長い旅: 〈食べる〉のどこに倫理はあるのか

  • 勁草書房
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326154685

作品紹介・あらすじ

皆が食べ続けることができる食べ方とはどのようなものか。生産の効率性に重きを置く市場原理主義的なフードシステムのあり方を問う。

生産者や流通業者、消費者それぞれの立場から望ましいフードシステムと食事のあり方とは。トピック間のつながりを明らかにしながら市場原理主義的なフードシステムを問う。30年超に亘りfood studiesをけん引してきた著者の集大成であり、北米社会哲学協会による2015年「今年の1冊」に選出された書を待望の訳出。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 食倫理学。美学的なトピックはあんまなくてピンときてない。

  • ■一橋大学所在情報(HERMES-catalogへのリンク)
    【書籍】
    https://opac.lib.hit-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/1001186679

  • 女子栄養大学図書館OPAC▼ https://opac.eiyo.ac.jp/detail?bbid=2000052618

  • [鹿大図書館・冊子体所蔵はコチラ]
    https://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BC06045484

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです(電子ブックで利用できます)☆
    https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/NB00251256

    ※学外から利用する際は、こちら↓のリモートアクセスをご利用ください
    https://www.shinshu-u.ac.jp/institution/library/find/r-access.html

  • 610.4||Th

  • 資料ID:1067611
    請求番号:610.4/Th6


    OPACはコチラ!▼
    https://opac.eiyo.ac.jp/detail?bbid=2000052618

  • ふむ

  • ◆7/17オンライン企画「食のミライ」で紹介されています。
    https://www.youtube.com/watch?v=jCW1km6G9LY
    本の詳細
    https://www.keisoshobo.co.jp/book/b557039.html

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ポール・B・トンプソン(Paul B. Thompson)
ミシガン州立大学哲学科および農学食品資源経済学部、コミュニティ・サステナビリティ学部教授。農業におけるバイオテクノロジーや食に関する倫理学・哲学的な考察を行っている。From Field to Fork: Food Ethics for Everyone(2015)(太田和彦訳『食農倫理学の長い旅:〈食べる〉のどこに倫理はあるのか』勁草書房、2021年)は、北米社会哲学協会が選出する2015年の「今年の1冊」となった。2017年にWilliam J. Beal賞を受賞。


「2022年 『持続可能性 みんなが知っておくべきこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ポール・B・トンプソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロレイン・ダスト...
カズオ・イシグロ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×