詩と国家―「かたち」としての言葉論 (シリーズ言葉と社会)

著者 :
  • 勁草書房
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326199297

作品紹介・あらすじ

和辻哲郎の表現論と対峙しつつ、実用の観点では捉えきれない言葉の本源的な性質を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [ 内容 ]
    和辻哲郎の表現論と対峙しつつ、実用の観点では捉えきれない言葉の本源的な性質を問う。

    [ 目次 ]
    第1章 言葉の辺境へ
    第2章 歩く人・寝そべる人
    第3章 立ち上がったものくさ太郎
    第4章 恋の言葉・歌の言葉
    第5章 「あはれ」が捉えるもの
    第6章 「かたち」としての言葉
    第7章 詩と国家

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

皇學館大学文学部神道学科教授

「2019年 『本当の武士道とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菅野覚明の作品

詩と国家―「かたち」としての言葉論 (シリーズ言葉と社会)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×