倫理的反実在論: ブラックバーン倫理学論文集 (双書現代倫理学)

制作 : Simon Blackburn  大庭 健 
  • 勁草書房
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326199693

作品紹介・あらすじ

道徳の善悪はものごとが帯びる性質なのか、それとも私たちの反応・態度に由来するものなのか。前者の実在論ならば性質にもとづく判断となり、道徳言明の真偽を問いうる。これに対し、後者の反実在論では、道徳言明の真偽は問いづらくなる。しかし、ブラックバーンは反実在論の立場を採りつつ、なお真偽は問えると主張した。それはいかにしてか。

プロフィール

サイモン・ ブラックバーン(Simon Blackburn)
1944年生まれ. ケンブリッジ大学トリニティカレッジフェロー. 2011年までケンブリッジ大学バートランド・ラッセル哲学教授を務めた. 著書は, Essays in Quasi-Realism (Oxford University Press, 1993), Spreading the Word: Groundings in the Philosophy of Language (Oxford University Press, 1984) など.

サイモン・ブラックバーンの作品

倫理的反実在論: ブラックバーン倫理学論文集 (双書現代倫理学)を本棚に登録しているひと

ツイートする