政治における合理主義

  • 勁草書房
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326300563

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 政治哲学者のマイケル・オークショット(Michael Oakeshott)は、著書『政治における合理主義』の中で、合理主義者が完全性と画一性を追求し、複雑な現実社会を受け入れるのではなく、その現実社会を壊して理論に現実を合わせようとする合理主義を批判した。
    近年我が国を騒がせている「改革」の嵐は、まさにオークショットの批判した、机上の空論に則って多様性や複雑性の上に成り立つ現実社会を破壊し、画一化しようとする企てに他ならない。
    懐疑主義的な現代保守主義を確立した稀代の政治哲学者マイケル・オークショットの代表作。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1949年生まれ。独協大学特任教授。千葉大学名誉教授。法学博士。著作に『自生的秩序』(木鐸社)、『〈問い〉としての正しさ』(NTT出版)、翻訳にノージック『アナーキー・国家・ユートピア』(木鐸社)、共訳にハイエク『哲学論集』(ハイエク全集第Ⅱ期第4巻、春秋社)等がある。

「2020年 『「競争」は社会の役に立つのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嶋津格の作品

ツイートする
×