フランス再興と国際秩序の構想: 第二次世界大戦期の政治と外交

著者 :
  • 勁草書房
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326302482

作品紹介・あらすじ

1940年、かつての栄光ある国家はヒトラーに侵略された。本書は、ド・ゴールが立ち上げた抵抗運動の自由フランスが国際社会と国内で正統性を獲得し、戦後国際秩序を構想して戦勝国の一角を占めるまでを実証的に活写する。国家の正統性とは? 危機の時代の指導者とは? そこには、国際政治の本質への示唆が満ち溢れている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 概説書ではなく専門の研究書なので、第二次大戦前後のフランスを中心とした欧州情勢に関する事前知識は必要です。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

宮下雄一郎(松山大学准教授)

宮下雄一郎の作品

フランス再興と国際秩序の構想: 第二次世界大戦期の政治と外交を本棚に登録しているひと

ツイートする