臨床実務家のための家族法コンメンタール(民法相続編) (勁草法律実務シリーズ)

著者 :
  • 勁草書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326403295

作品紹介・あらすじ

実務の現場で条文を使いこなせるようになることを目的として、実際にどのように条文が活用されているのかを明らかにしつつ、丁寧に逐条解説を施す。既刊の民法親族編に続く第2弾、民法相続編。弁護士、司法書士等の法律実務家、調停委員、ADRにかかわる方必携。

プロフィール

大塚 正之(おおつか まさゆき)
昭和27年生まれ。昭和52年東京大学経済学部卒業。昭和52年司法修習生。昭和54年名古屋地方裁判所判事補。その後、最高裁判所事務総局家庭局付、東京家庭裁判所判事、那覇地方・家庭裁判所石垣・平良支部長、東京地方裁判所判事、大阪高等裁判所判事、横浜家庭裁判所判事、東京高等裁判所判事、千葉家庭裁判所判事などを経て平成21年退官後、早稲田大学大学院法務研究科教授。平成26年3月退職。現在、弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック所属弁護士・早稲田大学臨床法学教育研究所招聘研究員。〔主要著作〕『判例先例 渉外親族法』(日本加除出版、2014) 『場所の哲学――近代法思想の限界を超えて』(晃洋書房、2013) 『家事紛争解決プログラムの概要――家事調停の理論と技法』(共著、司法協会、2014) 『家族法実務講義』(共著、有斐閣、2013)

大塚正之の作品

臨床実務家のための家族法コンメンタール(民法相続編) (勁草法律実務シリーズ)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする