フィラデルフィアの精神: グローバル市場に立ち向かう社会正義

制作 : 嵩 さやか  Alain Supiot  橋本 一径 
  • 勁草書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326451166

作品紹介・あらすじ

人間の尊厳は経済活動に劣るのか?『法的人間』の著者アラン・シュピオによる、グローバル資本主義に立ち向かうための新たな処方箋!

1944年に布告されたILOのフィラデルフィア宣言は、「経済活動はあくまで人間の尊厳や社会正義に仕えるもの」と確認した。しかし、この宣言に生きる精神は、市場の法則を絶対とするグローバル資本主義の攻勢によって踏みにじられていった。社会正義に関する人類の到達点ともいえるこの精神の復活の処方箋を、具体的に提示する。

著者プロフィール

アラン・シュピオ(Alain Supiot)
1949年生まれ, ボルドー大学で法学博士号取得後, 1980年に法学の教授資格取得. ポワチエ大学教授, ナント大学教授を経て, 2012年よりコレージュ・ド・フランス教授. 社会法体系のあり方の議論などが, フランスのみならず全世界の社会法学者に影響を与える当代屈指の労働法学者.

「2018年 『法的人間 ホモ・ジュリディクス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アラン・シュピオの作品

フィラデルフィアの精神: グローバル市場に立ち向かう社会正義を本棚に登録しているひと

ツイートする