憲法解釈権力

著者 :
  • 勁草書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326451210

作品紹介・あらすじ

改憲は取り沙汰されても、憲法解釈への注目は少ない。だが解釈という行為は憲法改正と不可分である。そこに何かが隠れてはいないか?

憲法改正をめぐる議論は多い。しかし本来ならばそれと腑分けし、分け入るべき憲法解釈の議論をどれだけ重ねてきただろうか。そこに落とし穴はないか。憲法改正の限界を憲法解釈の約束事のなかに見出す巻頭論文のほか、国民、政治部門、裁判所、天皇それぞれがする憲法解釈の諸問題に、「憲法解釈権力」という新たな視座から迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:323.01A/A71k//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

蟻川 恒正(ありかわ つねまさ)日本大学法科大学院教授

「2022年 『憲法の土壌を培養する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蟻川恒正の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×