台湾の経済開発政策―経済発展と政府の役割

  • 勁草書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326502011

作品紹介・あらすじ

アジア通貨危機後、注目される台湾型経済発展モデルとはなにか。経済発展に重要な役割を果たした経済開発政策に焦点をしぼり、台湾がいかに今日の繁栄を勝ち得たか考察する。

著者プロフィール

朝元 照雄(あさもと てるお)
1950年生まれ. 筑波大学大学院社会科学研究科博士課程修了・博士(経済学). 株式会社日立製作所技術部主任・副参事, ハーバード大学フェアバンク東アジア研究センター客員研究員を経て, 現在は九州産業大学経済学部教授・同大学院経済・ビジネス研究科教授. 主著に『台湾企業の発展戦略』勁草書房, 2016年;『台湾の企業戦略』勁草書房, 2014年;『台湾の経済発展』勁草書房, 2011年;『開発経済学と台湾の経験』勁草書房, 2004年;『現代台湾経済分析』勁草書房, 1996年などがある.

「2018年 『発展する台湾企業』 で使われていた紹介文から引用しています。」

朝元照雄の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×