ソーシャルゲームのビジネスモデル: フリーミアムの経済分析

  • 勁草書房
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326504060

作品紹介・あらすじ

モバイルゲームに代表されるソーシャルゲームはわが国が世界に誇れるビジネスモデルを展開している。ソーシャルゲームが従来型ゲームを凌駕し成功したのはなぜか。本書は、情報通信産業としてのビジネスモデルの内容と特徴を経済学的に分析し、ビジネスチャンスをつかむことを考えている読者に成功へのヒントを与えるものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【所在・貸出状況を見る】 https://sistlb.sist.ac.jp/opac/volume/207189

  • 【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 798.5||SA
    【OPACへのリンク】
    https://opac.lib.tut.ac.jp/opac/book/175278

  • ネットワーク効果による課金拡大
    交流友人数が1%増えると、月次課金額は1.28%、課金確率は1.11%増加。
    ネットワーク効果が働いているゲームは、ユーザの課金額が底上げされている。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1957年、東京生まれ。東京大学大学院経済学研究科単位取得退学。現在、慶應義塾大学経済学部教授。専攻は計量経済学。著書に『ゲーム産業の経済分析』(共編著・東洋経済新報社)、『ネット炎上の研究』(共著、勁草書房)など。

「2019年 『ネットは社会を分断しない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中辰雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
宮下奈都
鈴木哲也
リンダ グラット...
伊賀 泰代
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×