ネット炎上の研究

  • 勁草書房
3.55
  • (5)
  • (16)
  • (16)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 269
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326504220

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 炎上をあおる人の数はそれほど多くないがそれらの人は正義感とやっていることに対する肯定的な自覚があるというのはそれなりに説得力がある。
    対策のセミクローズ型がはたして欲しいものかどうかはちょっとわからない。

  •  
    ── 田中 辰雄・山口 真一《ネット炎上の研究 20160422 勁草書房》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4326504226
     
    …… 地震後、「不謹慎」をめぐる炎上事案が相次いでいる。タレント
    の発言が不適切だ、売名行為だ、と批判し、「自粛」を求める人々がい
    る一方で、そうした「言葉狩り」に違和感を覚える人々もいる。こうも
    毎日、自分の主張を声高に叫び、誰かをやり玉にあげる風潮ばかりを見
    聞きすると、こんな疑問がわいてくる。「日本人は劣化したのか」と。
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1461881894/451
    :疑太郎:2016/04/29(金) 09:09:18.27 ID:0yrUnJ1o0
     
    …… 4月に発売された『ネット炎上の研究』という本によれば、ネット
    上にまん延しているかのように見える炎上に実際に参加しているのは
    ネット利用者の0.5%でしかない、という衝撃の結果だった。
    ── 岡本 純子 :コミュニケーションストラテジスト(東洋経済)
    http://toyokeizai.net/articles/-/116196?page=3
     
     著者名も挙げず(帯だけ)引用して、自分だけの意見は述べていない。
     
    (20160429)
     

全24件中 21 - 24件を表示

著者プロフィール

1957年、東京生まれ。東京大学大学院経済学研究科単位取得退学。現在、慶應義塾大学経済学部教授。専攻は計量経済学。著書に『ゲーム産業の経済分析』(共編著・東洋経済新報社)、『ネット炎上の研究』(共著、勁草書房)など。

「2019年 『ネットは社会を分断しない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中辰雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
みうら じゅん
スティーブン・ピ...
エラ・フランシス...
ヴィクトール・E...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×