システムの社会理論―宮台真司初期思考集成

制作 : 現代位相研究所 
  • 勁草書房
3.86
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326602261

作品紹介・あらすじ

気鋭の数理社会学者は何故フィールドワーカーへと転身を遂げたのか。単行本未収録の論文に詳細なインタヴューを付した類をみない画期的社会学研究。社会学者とは誰か"宮台真司"以前の「宮台真司」。"危険"な社会学者"宮台真司"はどのように誕生したか。社会学とは何をすることなのか。初期・宮台真司の思考に「現代位相研究所」の俊秀が迫る。

著者プロフィール

1959年、仙台生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(社会学)。首都大学東京教授。専門は社会システム論。著書に『民主主義が一度もなかった国・日本』『日本の難点』『14歳からの社会学』『私たちはどこからきて、どこへ行くのか』など。

「2019年 『民主主義は不可能なのか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮台真司の作品

システムの社会理論―宮台真司初期思考集成を本棚に登録しているひと

ツイートする
×