地域ジャーナリズム: コミュニティとメディアを結びなおす

著者 :
  • 勁草書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326602728

作品紹介・あらすじ

過疎地の新聞社がNPOとともに地域再生とメディア再生に成功した事例を通じ、「地域ジャーナリズム」が主流ジャーナリズムの欠点と限界を超克する芽をもつことを実証的に論じる。NPO論やコミュニタリアニズム哲学の議論を援用し、従来のジャーナリズム規範論が「地域」の視点を欠いていたことに反省を迫る一書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&bibid=TB90313807

    ジャーナリズムの歴史は、新聞によってこそ発展してきた。そう言い切ていい。けど、
    ジャーナリズムにおける新聞の特権的な地位は、揺らぎ続けている。じゃあ、どーすりゃいいの?? ジャーナリズムの足場は、地域から!

    (推薦者:行政政策学類 新藤 雄介先生)

  • 新聞不況のなか、発行部数を3倍に伸ばした過疎地の新聞社・上越タイムスが示した可能性。従来のジャーナリズムが「地域」の視点を欠いていたことに反省を迫る。OPAC → http://t.co/sa7OVtjHtL

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

畑仲 哲雄(はたなか てつお)

1961年大阪生まれ. 1985年関西大学法学部卒業後, 毎日新聞社入社, 1990年日経ホーム出版社『日経トレンディ』編集部に転職し, 1991年より2011年まで共同通信社勤務. 2004年東京大学大学院学際情報学府修士課程に進学し, 2007年同課程修了, 2013年同大学院博士課程修了. 博士(社会情報学). 2013年より龍谷大学社会学部准教授. 専門はジャーナリズム研究. 主な単著に, 『地域ジャーナリズム:コミュニティとメディアを結びなおす』(勁草書房, 2014), 『新聞再生:コミュニティからの挑戦』(平凡社, 2008), 共著に照屋・萩野・中野編著『危機の時代と「知」の挑戦(上)』(論創社, 2018), 菊池・有賀・田上編著『政府の政治理論:思想と現実』(晃洋書房, 2017), 小林・菊池編著『コミュニタリアニズムのフロンティア』(勁草書房, 2012)など.

「2018年 『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

畑仲哲雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×