女の時間

  • 勁草書房
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 20
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326651238

作品紹介・あらすじ

西欧的主体の深層からを掘りおこし、の解体へ向かう。が生きる新しい平等思想の開始。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジェンダー

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

(Julia Kristeva)
1941年、ブルガリアに生まれる。66年、パリに留学。以後は文学研究者、精神分析家、作家としてフランスに暮らす。文学の記号論的・精神分析的研究に従事するかたわら、後に伴侶となるフィリップ・ソレルス主宰の前衛雑誌『テル・ケル』、後続の『ランフィニ』に参加。バフチン、ソシュール、フロイト、ラカンらの読解を軸に、デカルト的主体の解体、意味の産出性、詩的言語の侵犯性を中核とする独自のテクスト理論を展開し、ポスト構造主義の一翼を担う。90年以降は小説の執筆もおこなうほか、障害者に関する社会運動にも身を投じている。2008年には「女性の自由のためのシモーヌ・ド・ボーヴォワール賞」の設立に際し中心的な役割を果たした。現在はパリ第7大学ほか国内外の大学の名誉教授。ホルバイン賞(2004年)、ハンナ・アーレント賞(2006年)、サン=シモン賞(2017年)を受賞。著作は世界各国で翻訳されている。日本語訳に『恐怖の権力』『初めに愛があった』『外国人』(以上、法政大学出版局刊)、『セメイオチケ』『中国の女たち』『黒い太陽』(以上、せりか書房)、『詩的言語の革命』(勁草書房)、『サムライたち』『プルースト』(以上、筑摩書房)、『斬首の光景』(みすず書房)、『ハンナ・アーレント』『メラニー・クライン』(以上、作品社)などがある。

「2018年 『ボーヴォワール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジュリア・クリステヴァの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
フランツ・カフカ
ミシェル・フーコ...
ウィトゲンシュタ...
ミシェル・フーコ...
リチャード ブロ...
J・M・クッツェ...
フランツ・カフカ
バートランド ラ...
マルクスアウレー...
エーリッヒ・フロ...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×