ジェンダー秩序

著者 :
  • 勁草書房
4.08
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (451ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326652518

作品紹介・あらすじ

「ジェンダー秩序」とは、本書においては、「男らしさ」「女らしさ」という意味でのジェンダーと、男女間の権力関係である「性支配」を、同時に産出していく社会的実践のパターンを意味する。本書において呈示したいことは、まさにこの、ジェンダーと「性支配」が、ジェンダー秩序に沿った社会的実践の持続によって、同時的に、社会的に構築されるということにある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江原さんの文章は難解…。

  •  ギデンズの構造化論―構造(社会)と行為体(個人)の相互依存的、相互原因的な性質を分析するのに特化した理論―を用いて、男女という性差に関する構造、ジェンダー秩序というものがいかに再生産されてゆくかを描いた書物。例示が多くて比較的にわかりやすく、かつ、ギデンズ理論を用いて柔軟に社会を描いているので、とてもよい本だった。ジェンダー論関係の本を友人にお勧めする際には、この本をお薦めしよう、と僕をして思わしめた、非常に濃ゆく熱い本である。星は無論五つである。
     2009.1.15-20.

  •  いや、難しい(/ ;)つか、込み入ってる。マジ読もうと思うとちょっと泣く(^^;)。でも、よくよく読むと、実は説明はシンプルなんだな。この説明で、例外則なしで説明できることが増える。このシンプルさをシンプルに説明するのは、たぶんすげー難しいことなんだろう(突っ込まれたりするかもだし?)。でもチャレンジする価値大いにあり、だよ。具体的事例は5年以上経過して、少し古くなりつつある。でもその、古くなり方?は実は歓迎すべきことなのかもしれない。

全4件中 1 - 4件を表示

江原由美子の作品

ツイートする