赤ちゃんにおむつはいらない

著者 : 三砂ちづる
制作 : 三砂 ちづる 
  • 勁草書房 (2009年8月29日発売)
4.20
  • (15)
  • (4)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :88
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326653461

赤ちゃんにおむつはいらないの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • またまた園ママからの紹介本。
    「生後2ヶ月からおむつなし(布パンツ)」・・ですと?!?!
    またまた衝撃の内容。
    実践してるモンテッソーリの保育園や埼玉県の某保育園の例がでてきてビックリ。。

    楽な育児じゃなく、子供本来の生命力に寄り添う「楽しい育児」をすることで結果的に育児が楽、につながると。
    布おむつを2回で挫折した私・・

    息子2歳半、せめておむつはずしは早急に実践しよう!

  • 衝撃でした。
    最初の子が2歳の頃読んで、次回こそはと思いつつ…。
    やらないまま下の子ももうすぐ1歳。
    家で一人でやろうと思うとちょっとハードル高いかな。
    言い訳ですね。
    でもすごく興味深く読んだ一冊。

  • これは面白かった。おむつなし育児について、民俗学的なアプローチ有り、社会学的なアプローチありで。前に、以前、女性は生理をある程度コントロールできていた、というのを読んだことがあったが、赤ちゃんも、のべつ幕なしにおしっこやうんちをしてるわけではないらしい!!おむつをつけるから、そのような習慣になるのであって、昔(時代によってだけど)やり手水といって、おむつじゃないところに(まあ、例えば庭の隅だったりとか)におしっこさせたりするのはフツーだったりしたようだ。かねてから、赤ちゃんはおむつが濡れるとなく、みたいなことを普通に言うがそのことについて、どこかそうなのかなあ・・・?と軽く疑問に思っていたが、やっぱり、というより、おしっこやウンチがしたくて泣く、らしい!だよねー!!だって大人だって、「トイレいきたーい!」となったら、結構そわそわしたりしちゃうもんね!ま、おむつはいらない、というほどの住環境ではないので、それはムリだけど、(昔は畳の部屋というより、板の間の家が多かったから大丈夫だった)おまるにやり手水っていうのはやってみたい。

  • これは決して、こうすればこうなりますよ的な育児のハウツー本ではない。
    いかに子供を育てるかを根本から考え直そうという育児に対する心構えを書いた本である。

    育児とは何かをもう一度考え見つめなおした上でのやり方、子供への接し方が、結果としておむつの使用の最小化を生むのであって、「おむつの使用を少なくしましょう」というものではない。

    これを読んで、子育てへの考えがかなり変化した。深く納得すると共に、第一子の時の育児の仕方を深く反省した。

    本書に共通して流れているのが、手間をできるだけ省くのが育児ではない
    ということである。これは私もそう思う。以前「育児は大変だから外注できる部分は外注せよ」みたいな文章を読んだことがある。しかし大きな違和感を感じた。育児は効率でやるものではないからである。

    確かに共働き、核家族などにとって育児は大変な労働であり、問題である。手を抜ける部分は抜きたいのは人情であろう。しかし、手を抜いていい部分とダメな部分がある。子育ては工場で機械を作るのとは違うのである。人を育てるのには十分な無駄、非効率性が必要なのである。

    しかし、ここにもう一つ重大な見落とされがちな事実がある。大きい声ではいえないけど、育児は基本的に近道(に見える道)を行こうとすると遠回りになるのであり、遠回り(に見える道)が実は最短の道なのである。そういうものなのである。(これは私がわずか4年2ヶ月間の父親歴で得た教訓であるので、反論は大いに歓迎する。)

    効率性を追求する人は結果的に効率的でありえない。なんという皮肉!だから結局育児に効率性という基準を導入してはいけない。だとしたら我々がよりどころとするのは何か。それが本書に書いてあるのです。

  • おむつなし育児の本の中では読み進めにくい本
    まるでおむつに関する社会学を学んでいる印象を受けた。
    自分もやってみようという動機付けにはなりにくい。へ~ってかんじ。

  • この本を読んでからお母さんたちに問うていくと、けっこう排泄について意識のばらつきが広いことが分かった。何も知らず、保育園でもおむつを外させないように言われていたり。おむつを外す訓練をしなさい、というのももはや小児科医の仕事になっているのかもしれない。もっと子育て力を母親に取り戻したいものだ。

  • 1人目が現在二歳半過ぎでほぼ大丈夫になったとはいえ、まだオムツ外しが完了していないので、今二ヶ月の2人目はどうにか早めにおむつ卒業をさせたいとおむつなし育児に挑戦しようと決めていました。

    おむつなし=おむつになるべく頼らない、というだけなので、布おむつをずっと使っていて頻繁に濡れていないか確認したり、おむつをしょっちゅう変える習慣があるわが家には割と挑戦しやすいんですね。そんなおむつなし育児を始める際に情報を集めていて、評判がよく出会ったこの本。

    無理やり早い時期におむつを取ろうとするというのではなく、あくまでおむつで排泄する癖をつけないことの重要性を説かれています。興味はあるんだけどどうやるんだろう?とか自分には出来ないかも、と思っているママさん、妊婦さんには是非読んでもらいたい一冊です。頑張ってみよう、きっと自分もできるはず、と励まされますよ。

  • この本を読んで、ほとんどおむつを使わない育児は可能だと確信した。言葉も通じない、まだ首も座っていない赤ちゃんと、排泄でコミュニケーションできるなんて、考えただけでもわくわくする。
    ぜったいにおむつなし、じゃなくて、なるべくおむつの外で。で気楽にしていたらいいなぁ。
    紙おむつにかんしては、女性のナプキン使用時みたいに婦人家計の病気が多くなったり、といったようなことに近い記述は見られなかったが、機能のよくなりすぎたおむつが、不快の感情をなくさせて、おむつがとれるのが、本来1歳から2歳くらいまでだったのを、3歳、またはそれ以上にしているとのこと。納得である。
    学術的な本。実践について、知りたいと思った。「NPO法人自然育児友の会」

  • 内容紹介
    かつて行われていたなるべくおむつを使わない育児。育児は「生活の知恵」から「専門家による指南」に沿う手法にいつ、なぜ変わったか。それは紙おむつの普及とどう関わっていたか。現代の親子が「おむつなし育児」に挑戦した様子を活写、「常識」にふりまわされない育児手法を提案するとともに、育児を「負担」にさせる社会のあり方を問う。

    [関連書]『おむつなし育児―あなたにもできる赤ちゃんとのナチュラル・コミュニケーション』(柏書房)『親子で楽しむ!おむつなし育児 0歳からできるナチュラル・トイレトレーニング 』(河出書房新社)



    なるほど!
    です。
    色々参考にしてみたいと思います!
    今から実践!!!

全12件中 1 - 10件を表示

三砂ちづるの作品

赤ちゃんにおむつはいらないはこんな本です

赤ちゃんにおむつはいらないを本棚に登録しているひと

ツイートする