終の選択: 終末期医療を考える

  • 勁草書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326701018

作品紹介・あらすじ

看取り、緩和ケア、安楽死、生命維持治療の中止……。終末期医療における日本の現状と課題を、より先進的な取り組みをしている諸外国の例を参考にわかりやすく解説。人生の最期をどこで過ごし、どんな医療を受けたいかといった希望を叶えるヒントも満載! 朝日新聞デジタルの医療・健康・介護サイト「アピタル」での連載に大幅加筆。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わたしのようなものにいただきましたありがとうございます。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:490.15||T
    資料ID:51800270

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

田中美穂(たなか・みほ)
1972年岡山県倉敷市生まれ。同市内の古本屋「蟲文庫」店主。1994年開業、2000年に移転、現在にいたる。著書に『わたしの小さな古本屋』(ちくま文庫)、『苔とあるく』『亀のひみつ』『星とくらす』(WAVE出版)、『ときめくコケ図鑑』(山と渓谷社)、編著に『胞子文学名作選』(港の人)などがある。

「2018年 『本の虫の本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中美穂の作品

終の選択: 終末期医療を考えるを本棚に登録しているひと

ツイートする