らい予防法廃止の歴史―愛は打ち克ち城壁崩れ陥ちぬ (勁草-医療・福祉シリーズ (66))

著者 :
  • 勁草書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326798995

作品紹介・あらすじ

国家による強制収容、終生隔離、断種…人権無視の法律がなぜ90年も存続し得たのか。ハンセン病者の苦難と屈辱の歴史を辿り、「らい予防法の廃止に関する法律」がかちとられるまでの闘いを著者自身の生の軌跡と反省に重ね合わせて、人間の自由とは、尊厳とは、それを奪う社会とはなにかを、今、その歴史に問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大谷藤郎氏は、厚生省官僚を経てWHOフェローとなり、数多くの公衆衛生・医療行政の問題に取り組むとともに、ハンセン病や精神障がい者の人権問題に尽力、とりわけ「らい予防法」廃止運動の先頭にたち、回復者による国家賠償訴訟勝訴に導いた人物として知られる。本書では、「らい予防法」がもたらした日本の隔離政策の問題点とともに、廃止にいたる道のりが審らかに記され、人間愛に満ちた氏の人柄と生涯が偲ばれる。

全1件中 1 - 1件を表示

大谷藤郎の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×