働きながらでも博士号はとれる

著者 :
  • 研究社
2.95
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784327379056

作品紹介・あらすじ

仕事をしながら学位をとるための具体的なテクニックを紹介!
社会人として働きながら大学院に通い、効率的かつ最短で、博士号を取得するためのノウハウを教えます。
大学院進学準備から研究テーマの設定、査読付き論文の投稿テクニック、論文採択のための必須ポイント、最終審査のプレゼン攻略法まで具体的にアドバイス。
社会人学生として博士号をとった著者自身の経験をもとに、学位取得までのプロセスを徹底解説。
仕事と大学院生活を両立させ、業務を生かし、博士号取得でステップアップを目指す社会人の疑問と迷いを解決する、戦略的・実践的な情報が満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 働きながらでも博士号はとれる。都丸孝之先生の著書。「末は博士か大臣か」という言葉があるように、博士号というのは昔から誰もが憧れる一流人間の証。そんな名誉ある博士号を働きながらでもとるための具体的方法を都丸孝之先生の経験をもとに自慢や上から目線ではなく謙虚に客観的に説明しています。ただ一つだけ気になることが。博士号をとることを目指すことは素晴らしいことだけれど、博士号をとることだけを目的にしてはいけない。あくまでも学者や研究者として研究したいことがあって、その研究成果が認められた結果として博士号をとるのが本来の姿であるべき。

  • 博士課程に入る「前」に、PhDを取るためには、どんなことをする必要なのかイメージをつかむためには有効な本だと思う。修士できちんと論文を書いたことがある人なら当たり前の内容も多いかな。

  •  存外ありきたりの内容。「ありきたり」と思えるぐらい、自分がいたゼミが修士課程の学生にもきちんと教えてくれていたと感謝すべきか。

  • 論文の書き方が参考になった。

  • 個人的な見解多し。
    内容は博士号の一般的な取得方法で、「働きながら」はあまり関係ない。

  • テクニックガイドと冠している割にそれほど技術的指南は多くなく、博士号取得の体験記かというと実態の記述は少ない。
    どっちつかずの印象を受けたが、現状他に情報がないので仕方がない。

  • はい、頑張ります。。。。

  • 今さらながら読んでみた。目指す学位のタイプが違うのかなと思ったけど、やっぱりこのくらいの覚悟がないと博士号をとろうなんて思わない方がいいよね、と思った。ほんと今さらだけど。。。

  • 体験として語っている研究科が、余りにも特異点過ぎて、一般化されたタイトルと大きな乖離がある。言うなれば慶應義塾SDMで博士号を取る方法というタイトルが真なりだと感じた。

  • 自分の修論、それから今後の博士号への意欲を高めてくれたうえでとてもためになった。

    論文をガンガン読んでいきたい。
    要約と、はじめにと結論を読んで、とりあえず、勉強用アカウントのツイッターに投稿するようにしようか。


    博士号のために研究室日入るには、それ以前にしっかりと指導してもらいたい先生を探し、挨拶をして、研究内容を考えておくことが大切である。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京理科大学理工学部機械工学科卒。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科後期博士課程修了(システムエンジニアリング学)。
大手複写機メーカーに勤務しながら、社会人学生として2012年に博士号を取得。現在は、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特任講師、慶應義塾大学大学院経営管理科(慶應ビジネススクール)非常勤講師。
製品企画、新規事業の創出、製品の海外販売戦略、低コスト部品を調達するためのサプライヤーの評価、開拓などを専門としている。

「2014年 『働きながらでも博士号はとれる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

働きながらでも博士号はとれるのその他の作品

都丸孝之の作品

働きながらでも博士号はとれるを本棚に登録しているひと

ツイートする