はじめてのロンドン―イギリス英会話入門

  • 研究社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784327440831

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ロンドンに留学することになった女性が主人公の物語的英語教材。
    語学学校への資料請求や、受講登録、ホテルでの会話や友だちとの会話、フラット探しなど、イギリスでの第一歩をイメージしてつくられています。
    文法というよりも、アメリカ英語とイギリス英語の違いや、会話で使えそうな例文がたくさんありました。



  • わずかに書き込みあり(○印など)
    本全体は目立つ折れ等はありません。
    学習上は全く問題ないと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1955 年、ロンドン生まれ。78 年に来日して以来、途中帰国した4 年間を除き日本在住。91 年以降、フリーランスのライター・翻訳家として活躍。97 年、小説家としてデビュー作Crime Sans Frontièeres をイギリスで出版し、その年に出版された最も優れた長編小説に与えられるブッカ-賞にノミネートされる。その後、日本を舞台にしたIsolation(03 年)、 Nowhere to Run(04 年)をアメリカで出版。翻訳家としてもフィクションおよびノンフィクションの幅広い分野で多数の翻訳を手掛ける。現在は日本人の妻と横浜に在住。www.chrisbelton.com

「2013年 『こんなとき英語ではこう言います』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クリストファー・ベルトンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×