ネイティブスピーカーの単語力〈2〉動詞トップギア (Native speaker series)

制作 : Paul Chris McVay 
  • 研究社出版
3.44
  • (5)
  • (7)
  • (27)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 159
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784327451356

作品紹介・あらすじ

単語を自分のものにするためには、日本語訳を覚えるだけでは何の助けにもなりません。ネイティブの子どもたちは「訳語」や「言葉による定義」を使って理解していません。それぞれの単語には、固有のイメージが結びついているのです。それを無視して、putもset downもpositionもplaceもlayも「置く」では勝負にならないのです。さあ、本書のイラストと解説を通して、単語の顔を、ニオイを、肌触りを感じてください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【所在】3F開架
    【請求記号】834||OH||2

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=98882

  • 突然の脱線ぶりがすき。かなり邪悪な一面をお持ちのようですが、奥さんとお嬢さんにはかなり弱いとみました。あ、英語をイメージで、っていうのは受験とは無縁の大人の学び直しにはぴったりかも。

  • 単語力1の拡張版。動詞の数を増やしてるためひとうひとつの説明は短い。

  • 購買で安売りしてる時に面白そーと思って買いました。
    けっこう面白いです。単語丸暗記よりは頭に入ります。


    でもやっぱやる気ないからほとんど意味ありませんでしたが!!!
    このシリーズは全部読んでみたいですね、また安売りしてたら。

  • -それぞれの単語には、固有のイメージが結びついています。独自のニオイといってもいいでしょう。それを無視してputもset downもpositionもplaceもlayも「置く」では勝負にならないのです-

    ということです。はい、学びましょう。

  • 日本語でも音は同じでも感じで見れば持ってるイメージがわくというもの。単語をみてそんな感覚がわくようになりたくて買いました。   ・・・ここでこのシリーズ購入ストップ。生活環境が変わり英語の勉強が現在までストップしてしまった・・だから、この後に出た形容詞はかってないんだ。。。けどまた頑張るぞ!!

  • 続編です。色々気付くことがあり役立ちました。

  • 英文の骨格を決めるのは動詞です。動詞のイメージやニュアンスについて詳しく解説されてあります。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

現在、東洋学園大学教授。筑波大学大学院博士課程修了。
英語学専攻。オックスフォード大学言語研究所客員研究員を経る。
ポール・マクベイ氏との共書『ネイティブスピーカーズシリーズ』(研究社)、
『ハートで感じる英文法』(NHK出版)他。

「2008年 『英単語イメージハンドブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ネイティブスピーカーの単語力〈2〉動詞トップギア (Native speaker series)のその他の作品

大西泰斗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
マーク・ピーター...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

ネイティブスピーカーの単語力〈2〉動詞トップギア (Native speaker series)を本棚に登録しているひと

ツイートする